「助けて」「手伝って」って言葉にすると・・・


私、数年前まで何もかも一人で抱え込んで
ひとりで頑張りまくる人でした。


子供のこと、お金のこと、
自分の仕事のこと・・・


友達になんとなく愚痴ったりすることはあっても
基本的に、一人で頑張って解決する人でした。

 

息子が不登校になった時も
ダンナさんにそのことを伝えたのは
かなり経ってからだし


伝えた後も、ダンナさんに
何かを相談することもなく
頼ることもなく、一人で何とかしてました。


一応、サラッと事後報告みたいなことは
してましたけどね。

 

お金のこともダンナさんが入れてくれる
お金だけじゃ全然足りなかったのに
(働いた分全部入れてくれてるけどねw)


そのことを伝えないで
自分でがむしゃらに頑張って稼いで
何とかしてたり。


だから、ダンナさんは子供のことも
家の経済状態も、何もかも知らないでいて

私も子供たちもダンナさんには
何も言わないようにしてたからコソコソしてるし
ダンナさんがいると会話もないし。


でも、自分で出来ることなんて
たかが知れてるわけで。


しかも自分で何とかしないとって思うと
やりたくないこともどんどんやらないといけなくって
自分自身が辛くなるだけで。

 

で、ある日
息子のことを全部吐き出して。
そのあと娘のことを全部吐き出して。


そして、ついにそれまでの仕事のスタイルから
自分のやりたいことだけに集中したいと
宣言までしちゃって。


しばらくは一気に収入減るけど
我が家は最低限これだけのお金が必要なんだけど
ってところまで、ぶっちゃけてw


そしたらね・・・


ダンナさん、毎月それだけ
稼いできてくれるんですよ(笑)


つい最近も、息子の学校で
10万円以上の臨時出費が・・・って
ダンナさんに伝えたら

ちゃんとその分稼いできてくれたし(笑)


実家のゴタゴタも全部ダンナさんに話したら
きちんと聞いてくれて、アドバイスまで(笑)

そのために私が家のことできなくても
全然怒らないし、協力してくれるし。


そうなると、子供たちまで
今まで以上に手伝ってくれたり

自分達の気持ちをダンナさんに
素直にぶつけるようになったり。


ひとりで頑張る必要なんてないんだよね。
「ダメだぁ」「何とかしてくれぇ」って
素直に言っちゃうと

案外何とかしてくれちゃうんだよね。
しかもけっこう簡単に(笑)


だからって、ダンナさんが不満を言うかというと
全然そんなことなくって

「わかった!頑張ってくるよ!」
って笑顔で答えてくれるし

どうしてもダメな時は
「これだけはムリなんだけど、
 ちょっとだけ助けてくれる?」

って、あっちも素直に
頼ってくれるようになるし。


子供たちもやってほしいこととか
買いたいものがあると、
素直に頼んでくるようになったし。

 

「頼んじゃって大丈夫」
「頼んでも嫌がられない」
「頼むと喜ばれる」

「ひとりで我慢して頑張らなくていい」
「自分の好きなことしてていい」

「何とかなるさ!」


最初に「助けて」「手伝って」っていうのは
ひとりで無理して頑張るよりもずっと
勇気がいって、心臓が口から飛び出しそうだったけど


そこを乗り越えちゃうと・・・


今まで一人で頑張ってても
なかなか越えられなかったものが
あっさり乗り越えられちゃうようになって。


やっぱり
「助けて」「手伝って」って
最強の言葉だと思う。


この言葉を使わないなんて
超もったいないよ(笑)

 

それでは、また♪

 

関連記事

 

ページ上部へ戻る