「与えてほしかったら、まず自分から与えましょう」って・・・


よく

「与えてほしかったら、まず自分から与えましょう」
「愛してほしかったら、まず自分から愛しましょう」

みたいなこと聞きますよね。

「Win-Winな関係」

なんて言葉もよく聞きます。


たしかに

「欲しい、欲しい」
「愛して、愛して」

って要求ばっかりじゃ
ただのクレクレ君だし


そんな自分本位な要求聞き入れてもらえるわけないけど。


ただ、先に与えたら
かならず同じように与えてもらえるか

って言えばそんなことなくて。


自分が「欲しい」から
先に与えたのかもしれないけど

相手はそれを「欲しい」と
思ってるかどうかは別だからね。


もしかしたら、相手は欲しくないかもしれないし
迷惑だって感じてしまうこともあるかもしれない。


仮に「ありがとう」って感謝したとして
お返しをしてくれたとしても

それは、あなたがしてくれたことと
同じ形とは限らない。

 

あなたの気持ちはあなたの気持ち
相手の気持ちは相手の気持ち

 

だから、あなたが「してあげたいからする」
というのは、大事にすればいいと思う。


ただ、それで自分自身が
「そうできて幸せ」って満足できないと。


見返りがあって初めて幸せになれる
っていうんであれば

してあげただけじゃ、かえって不満が残るでしょ。


それじゃ

「欲しい、欲しい」
「愛して、愛して」

のクレクレ君と、ほとんど一緒でしょ。

 

与えたら与えてもらえるって考えてると
時には不満しか残らないことだってあるでしょ。


「してあげたいからした」
「あげたいからあげた」

喜んでくれても、喜んでくれなくても
自分がしたかったからした。

したことで、自分は満足。

したことで、自分は幸せ。


そうすれば、相手がどんな反応でも
傷つかないし、不満も出てこない。


それどころか、相手が喜んでくれたら
もっと幸せな気持ちになれるし

もし、お返しなんてしてくれちゃったら
飛び跳ねるくらい幸せになれるよね。

 

「与えたから与えてもらえる」

だから、まず与えて・・・
そして自分が幸せになれる


っていうのは、ちょっと違うのかもよ。

 

それでは、また♪

 

関連記事

 

ページ上部へ戻る