「なんで雨なのよーーー!」って雨のせいじゃないから


嫌なことが起こると落ち込んだり
嫌なこと言われるとイライラしたり
嫌な態度をとられるとムカついたり

「イヤ」って感じることが起きると
誰でもネガティブな感情が
湧きあがってきますよねぇ。


「なんで私ばっかり・・・」とか
「なんでこんな目に・・・」とか
「なんでそんなこと言われるの?」とか

とにかくイライラしてムカついて
どかーーんと落ち込んで。


だけど、「イヤ」かどうかって
本人の受け取り方次第
感じ方次第なんだよね。


起こってることは
ただ、起こってることであって


それを「良い」か「悪い」かって
決めたり、感じたりするのは
受け取った本人が勝手に感じること。


雨が降ったって

「今日は出かける予定だったのに・・・」って
すごく嫌な気分になる人もいれば

「畑の作物が元気になるーーー!」って
大喜びする人だっているし。


同じように同じような場所で
同じ雨が降っても

人によってこんなにも
受け取り方が変わってくるわけで。

 

それに、出かける予定があって
雨が嫌って感じても

別の日だったら
違う感情になることだってあるよね。


暑い日が続いて、体もしんどくなってれば
「これで涼しくなるーーー!」
って、喜ぶだろうし。


「作物が元気になる」って喜んでた
農家さんだって

雨が続けば逆に
「いいかげん、雨ばっかりだと
 作物がダメになる。勘弁してくれ!」
ってなるわけで。

 

結局、起こってる事実は
ただ起こってるだけなのに


自分のその時の感情だったり、自分の都合で、
受け止め方なんて全然違ってくるわけ。


そのくらい「適当」なもんなんだよ(笑)
そのくらい「自分勝手」ってことなんだよ(笑)

 

だから起こったことに対して
イチイチ「いいこと」「悪いこと」って
ジャッジなんてしなくていいのかもね。


そのまま受け止めるだけでいい。

「あ、雨が降ってる」

だけでいいんだと思う。


そして「イヤ」だと感じたのは
雨のせいではなく

自分の中に「雨がイヤ」という
理由を抱えてるって気づけばいいだけ。


なんで嫌なんだろう・・・
なんで気分が悪くなるんだろう・・・
なんで悲しくなるんだろう・・・

自分はどうしたいんだろう・・・
自分は何を望んでるんだろう・・・


って「自分の中」にフォーカスしてみれば
いいんじゃないかな。


「イヤ」でも「嬉しい」でも
そんなのはどっちでもよくって

どっちが「いい」でも「悪い」でもなくって
ただ、自分の気持ちや状況が
そういうことなんだなって

感じてあげればいいんじゃないかな。


嫌なこともいいことも
自分の気持ちを知る
いいきかっけになるために

起こるべくして
起こってるってことなんだろうね。

 

それでは、また♪

関連記事

 

ページ上部へ戻る