「幸せ」は自分で作るもの


あの人はなんでいつも楽しそうなの?
あの人はなんでいつも幸せそうなの?


それに比べて、なんで私は・・・

なんで私はいつも苦しいんだろう・・・
なんで私はいつも辛いんだろう・・・


あの人みたいに楽しく過ごしたいのに
あの人みたいに幸せになりたいのに

なんで私にはできないんだろう


まず「あの人」と比べなくていいからね。

幸せなんて誰かと比べられるものじゃなくて
自分自身が感じるものだから。


で、次に幸せになるために
「頑張る」ことをやめてみて。


やることは、今この瞬間を
「楽しんでみる」こと


「だけど、今辛いのに・・・」
「だけど、今苦しいのに・・・」

って思う人もいるかもしれないけど


辛い中でも、苦しい中でも
ホントに一瞬かもしれないけど
「幸せ」ってあると思うんだよね。


どんなに辛くても、どんなに苦しくても
一瞬「ホッと」する瞬間があると思うんだよね。


そこを自分でちゃんと拾ってあげようよ。


辛い中、食べたご飯がおいしかった。

それも「幸せ」の瞬間だと思うんだよね。


大切な人が亡くなって哀しみのどん底にいるときに
「悲しいよね」「辛いよね」って黙ってそばにいてくれる人がいる。

それだってすごくありがたいし、幸せな瞬間だよね。

辛い中にいても、悲しい中にいても
一瞬でも幸せなことがある。

それを素直に「幸せ」って受け取る。


幸せって自分で作ってくものだから。

 

どうせ同じ1日なら
苦しいだけじゃなく、辛いだけじゃなく
幸せな瞬間があったほうがいいし


幸せと思えることが多いほうがいいもんね。


だったら、自分のアンテナ張り巡らせて
自分の中にある「幸せ」をしっかりキャッチしてあげようよ。


たぶん、あなたはすでに幸せなんだからさ。

 

それでは、また♪

関連記事

 

ページ上部へ戻る