相手を変えようとか、自分が変わろうとかってしなくても。


家族って近すぎる存在で
「あたりまえ」の存在になっちゃってるから

逆に、他人にだったら許せることでも
許せないことがいっぱいあるよね。


毎日、一緒にいる「幸せ」が
当たり前になりすぎちゃって

ムカつくこととか不満ばっかり
出てきちゃったりね。

 

ダンナさんが、全然家事やってくれないとか
子育てに協力的じゃないとか

お給料が全然上がらないとか
どこにも連れて行ってくれないとか。


子供は全然勉強ができないとか
親の言うことを全然聞かないとか。

 

家族の気に入らないところにばっかり
目が行っちゃって
毎日イライラして


「私の幸せって・・・」
「私って何やってるんだ!?」
「こんな人生でいいのか?」


って考え始めちゃったり。


「なんで私だけこんなに大変なの?」
「みんな自分勝手すぎ!」
「私だけ我慢するなんておかしい!」


ってはらわた煮えくり返っちゃったり。

 

で、何とか家族を変えようと
あの手この手を使って
必死に頑張るんだけど


全然変わらず・・・

力尽きるwww

 

相手を変えようとしても無理なんだから
まず自分が変わりなよ

って話もよく聞くよね。


だから、自分からって
一生懸命頑張ったけど


家族は全然変わらん・・・w

力尽きるwww

 

どうしたらいいんだーーーー


って、なった時は・・・


変えるとか変わるとかって言うのは
とりあえず横に置いておいて。


できないこと、やってくれないこと
不満に思ってることに目をつむって


できること、やってくれることに
目を向けて、相手に伝えていってみ。

 

たまぁにダンナさんが
お風呂掃除してくれちゃったりしたら


「あーーーお風呂掃除してくれたん?
 すっごくきれい♪助かったぁーーー
 ありがとう!!!」

って全身で喜んで感謝してみる。


子供が何も言わないのに
ご飯を食べ終わった後、サラッと
食器を流しに運んでくれたら


「あーーー♪
 ありがとう!!」


ってきちんと伝えてみる。


テストで1点でも点数が上がったら

「前回よりできてるじゃん♪
 すごーーい!」

って言葉にしてあげる。

 

その時に注意したいのが

「1回だけじゃなく、いつもやってくれればいいのに・・・」
「気まぐれでやられてもね・・・」

「今回点数上がったんだから、次回はもっと・・・」


って次々と期待したり、要求したり
見返りを求めちゃ絶対にダメだからね。

 

期待もせず、要求もせず
見返りも求めず


単純に、できたことややってくれたことに
感動したり、感謝してたら・・・


いつの間にか不満って
忘れちゃったりするんだよね。

 

そうするといつの間にか
自分だけじゃなく家族にも
笑顔がいっぱいになってくる。

 

これなら簡単にできそうじゃない?


変えようとか変わろうって、必死になるより
簡単でみんながハッピーになれると思うよ。

 

それでは、また♪

 

関連記事

 

ページ上部へ戻る