「自分さえよければ・・・」ばっかりじゃ困るけど


私がカウンセリングをさせていただく人って
みなさん、とっても「真面目」な人ばかりです。

とっても真面目で、とっても一生懸命で
とっても頑張り屋さんで・・・


でね、一生懸命頑張ったけど
どうにもうまくいかなくって
とっても苦しくなって、

相談してきてくださるんですけど


「やっぱり私が間違ってるんですよね?」
「そこがいけなかったんですね!頑張って直します!」

みたいなことを言われることが多いんですよ。


これって、クセというか・・・


子供の頃から親や先生や
周りの大人から

「~するべき」
「~するのが正しい」
「~するのは間違い」

「頑張らないといけない」
「人に甘えてはいけない」
「失敗しないように注意しないといけない」

「無駄は悪いこと」

「周りの人と協調するべき」


とまぁ・・・色々と
刷り込まれてきたせいなんですよね。


だから自然と

「何が正しいのか?」
「これはいいこと?悪いこと?」

「これは無駄なものじゃない?」
「これで失敗しない?」

「これって人に迷惑かけてない?」
「これって常識の範囲内?」


みたいに、自分の気持ちより前に

「周りの目」「周りの反応」を
気にしちゃうんですよね。


たしかに一人で生きているわけじゃないから
何でもかんでも「自分さえよければ」
ってわけにはいかないし

最低限の「TPO」っていうのも
考えないといけないとは思うけど。


やっぱり
「これが正しい」「これは間違ってる」
「こうやれば失敗しない」「これは失敗する」
「これはお得だよね」「これはムダだよね」

ってだけの人生じゃつまらんでしょ。


もっと自分の
「好き」「楽しい」「欲しい」「やりたい」

を大事にしていいと思うんだよね。


せっかくの人生だもん。
楽しまないと損でしょ。


なんでもかんでも
頑張る必要も我慢する必要も
ないからね。

 

それでは、また♪

 

関連記事

 

ページ上部へ戻る