我慢し続けてきた結果がこれなのかな?


急に母の受け入れ施設が見つかって
関係各所とのやり取りや手続き
母への説得やら、準備やらで・・・

めちゃめちゃバタバタな毎日を送ってます。

今月は息子の卒業式もあるし
確定申告もまだ途中までだし・・・
娘も学年末だから学校とのやり取りもあるし。


体がいくつあっても足りない!
とは、このことだろうなと
身をもって思い知らされてるところです(笑)

 

で、肝心の母ですが・・・
昨日、実家の方に電話があったらしく

「あなたたちが一緒に住みたがってないんだから
 施設に入るしかないって先生に言われたけど
 私は施設なんてイヤだからね!
 一人暮らしがしたいって言ってるのに・・・」

と訴えてたそうですw


もう、これね再入院してから
ずっと繰り返されてるんですが・・・


誰も一緒に住みたくないとは言ってなくって
先生もそんなこと言ってなくって

母の
「主人に『お前が邪魔だ』って言われる」
「私にご飯を食べさせてくれない」
「私に手を上げる」

という妄想がどんどんひどくなってるからということで
ただ、それ以外はいたって健康な人なので
入院してても何の意味もないわけで


だったら、ひとりでノビノビできる
施設に入ったほうがいいよねってことで
母も「そうだよねぇ、自由がいい!」って
納得してたんですけどwww


母のこと見てて思ったのは
「妄想」「脳内変換」って
すごいなぁってこと。


ずっと自分の中で悶々と抱えてたものが
爆発しちゃった結果なんだろうけど

誰も言ってないこと
やってないことを

「言われた」「やられた」って思い込んじゃってるから
その相手から何か言われると

すぐに「脳内変換」されちゃって
全く違う意味になっちゃうんだよね。


でね、歳をとってくればくるほど
その「思い込み」を取り除くことが
難しいんだろうなぁって。


痴呆も少し入ってきてるけど
痴呆も色々なタイプがいるじゃないですか。


「私のものを盗まれた!」
「ご飯を食べさせてもらえない!」
「いつも監視されてる!」

って言ってくるタイプと

ホントにほんわかと
子供に戻っちゃったのねぇってタイプと。


どっちも手はかかることには
変わりないんだけど・・・


今までは、ある意味「他人事」として
そういう人たちの話を聞いてたんですけど

母がこういう風になってきて
感じたのは


もしかすると、痴呆になる前の性格とか
「幸せ」を感じてるかどうかで
タイプが大きく変わってくるんじゃないかなって。


自分がとっても幸せで
自分らしく生きてこれてた人って
いい感じで子供に戻っちゃうんじゃないかなって。


母のようにずっと
「我慢してきた」「私だけが苦労してきた」って
思い込んできてた人って

ますますその症状が大きくなっちゃって
今の母みたいな状態になるんじゃないかなって。


そう考えると
母ってどんだけ我慢して
自分のこと抑え込んで生きてきたんだろうって・・・


子供として悲しくなったりもしたけど
でも、母が選んだ人生だからね。


そして、私はその母から飛び立って
自分の人生を歩き出したわけで。


母の人生があとどのくらい
残ってるのかはわからないけど


ひとりでのんびり過ごしながら
「幸せ」って思えるといいなぁって。


まぁ今までの人生が
母にとって不幸だったかどうかも
わからないけどね。

 

とりあえず、私は
このバタバタな日々から
早く抜け出したいですw

 

それでは、また♪

 

関連記事

 

ページ上部へ戻る