頑張ってもムダだから・・・


子供の頃から
「頑張れば夢が叶う」
みたいなことを言われ続けてきて

それを信じて
頑張り続けてきた。


夢がかなわなかったのは
自分の「頑張り」が
足りなかったからだと
自分を責めてきた。


自分の「欠点」を
なんとか克服して

もっと成長しなきゃって
思って頑張ってきた。


「欠点」を克服できないと
いい人生を歩めないと思っていた。


そうやって、
頑張って、頑張って、頑張って・・・
きたつもりだけど

うまくいかなかった。

 

「努力すれば夢は叶う!」とか
「努力すれば報われる!」って
本当でしょうか?


残念ながら、どんなに努力しても
叶わないこと、報われないことって
世の中いくらでもあります。

 

例えばね、学校の運動会。

どんなに頑張って練習しても
徒競走で一等賞をとれない。


努力が足りないから?


そんなことないですよね。


自分のできるめいいっぱいのことをやっても
自分より早く走れる子がいれば
一等なんてとれないわけで。

「一等を取れるように頑張れ!」
「もっと頑張れば早くなるから!」

って言われて、頑張って
以前の自分より早く走れるようになったとしても
もっと早い子がいれば・・・

 

そうすると今度は

「周りと比べなくていい。
 今の自分より成長してれば・・・」

って言われて。


「去年より少しでも
 早くなってればいいんだから」

って言われて
頑張って練習したけど
タイムは伸びなかった。


これも努力が足りないとかってことじゃなく
もういっぱいいっぱいのところまで出し切っちゃってる。

とか

成長期で、体型が変わって
以前のように走れなくなる。


みたいに、努力したからって
どうしようもない理由があったりだってするんです。


努力すれば何でもかんでも
報われるっていうのは嘘です。


努力したって
どうしようもないことだってあるんです。


「欠点」だって
どう頑張っても克服できないものだって
いっぱいあります。


そんなことに、いくら時間や労力をかけても
ムダなんだよね。


どうしようもないことは
「ムリしてやらなくてもいいよ」
って言ってもらってるってことだよ。


「これは、得意な人に任せて
 自分の得意なことやっちゃいなよ。

 その方がみんなが幸せになれるから。」

って言われてるってこと。


できないこと、無理なことを
いつまでも頑張り続けてても

時間と労力もムダになるし
何より、自分自身がどんどん苦しくなるだけ。


もう、そこまで頑張ったんだから

「やめていいよね」

って、とっととやめちゃおうよ。

 

それでは、また♪

 

関連記事

 

ページ上部へ戻る