「お守り」を棄ててみた


テレビを見ていると、必ずと言っていいほど
保険会社のCMが流れてますよね。


最近は高齢者向けの保険や
やっぱりがん保険とか、持病を持っていても
入れる保険とか・・・


将来の不安を煽って
「もしもの時の安心のために・・・」

って。

 

実際に保険屋さんの人も
「お守りですからね」
って言ったりしますよね。

私も散々言われました。

 

たしかに、もし大きな病気にかかったり
事故にあった時に、困らないようにとか

突然亡くなってしまっても
残された家族が困らないようにとか


誰でも考えますよね。


自分のためにっていうより、家族のためにっていうか
家族に迷惑をかけないようにっていうか・・・


だからちょっと生活の負担になっても
将来のために頑張って保険に入っておかないとって
いう人も多いと思います。

 

我が家もそうです。
ていうか、そうでした。


うちの場合、主人と年齢がかなり離れています。
しかも自営業というか職人です。

ボーナスもなければ退職金もないですし
何の保証もありません。

しかも子供も2人います。

その上、上の子が2歳の時に
私の実家が経営していた会社が倒産し
夜逃げという何ともとんでもない
経験をしています。


本当に何もかもない状態の
生活が何年も続いたわけです。


だから余計に
「もしもの時のために」
っていうのを強く思っちゃったわけです。


それでも色々と勉強したんですよ。
できるだけ負担なくきちんと保障を・・・
って一生懸命調べて。


多少生活が苦しくても
全くできないわけじゃないんだから
頑張って支払わないとって。


で、入るまでは色々と勉強したり
調べたりして必死なんですけど

一度入っちゃうと意外と
そのあとは放置なんですよねw


しかも、たまに
「新しいオプション」とかの
勧誘があると

それ一つは大した金額じゃないので
「じゃあ、安心のために」
って大して考えもせず追加したり。


いつの間にか
「なんか毎月苦しいよね・・・」
って状態になってたわけです。


で、思い切って保険をやめてしまおうかと。


まぁ本当に必要最低限の
医療保障の部分くらいは残しときますけど

生命保険とかけっこう高額だったので
きっぱりやめてみようって。


我が家が入ってる生命保険は
完全に掛け捨てなので

今解約したら完全に
「損」するわけです。


10年近く入っていたので計算したら・・・
相当な金額になりますw


もしダンナさんが亡くなるまでかけ続けていれば
きちんと元は取れるんですが。


そう考えると、すごい損だよねぇ
やめた途端、何かあったら・・・
ってよぎったりもしました。


だけど、それ以上に
今、大事なことを優先したほうがいいよね?
って思いの方が強くなって。


何か起こるかもしれないけど
起こらないかもしれない


人間いつかは亡くなるわけだけど
残った人間のためにとかって
そのために今我慢し続けるより

今、みんなが楽しく幸せに暮らせるほうが
よっぽどいいんじゃないかなって。


残った人間だってその時はその時で
自分たちで何とかできるかもしれないし
出来なくても、何か方法はあると思うし


とか考えたら

「もしもの時」のために
色んなこと我慢するのって
すごくバカらしいんじゃないかって。


それこそ我慢してて、明日死んじゃったら
「もしも」も何もあったもんじゃないしね。

 

ということで、将来の「お守り」より
今の幸せを選んでもいいじゃん


正直、今までの「お守り」を
手放すことってすごくドキドキするし

今までかけ続けてきたお金を棄てるっていうのも
すごく損した感じもするけど。


それでも、そういうことを思い切って
手放すことによって、手に入るものが
絶対あるんだろうなって思って。

 

でも、不思議なことに手放すって決めたら
すごくスッキリした気分になって

もっと楽しい生活が送れそうな予感で
ワクワクしてます♪

関連記事

 

ページ上部へ戻る