「毒親」に育てられても「いいママ」にはなれます。


母親との関係に問題があった
いわゆる「毒親」に育てられた
って女性の場合

たとえその問題が解決したとしても
今度は新たな問題というか悩みが
出てきてしまうことが多いです。


それは自分自身の子育て。


自分の母娘関係に問題があったとわかっても
自分の親が「毒親」だったと理解したとしても


その親が、自分の知っている親の姿だし
自分はそこで「普通」に育てられてきてるわけだし。


人間って、自分が経験したことや
学んだことしか知りません。
それは子育てだって同じです。


自分の育ってきた環境に
問題があったとわかったとしても

「お手本」はその環境だし
その親しかいないわけです。


いくらそうならないようにって思っても
他のお母さんや子育てを知らないから

どうしたらいいかがわからないと
悩んでいる女性も多いです。


いくら自分が母親のようにならないと思っても
それしか知らないから、やっぱり自分も
子供を同じように育ててしまうんじゃないかって

不安を抱えて相談してくる方も
たくさんいます。

 

だけど、自分の親が「毒親」だって
わかったってことは

自分の「理想の親」像っていうのは
なんとなくありますよね?


漠然と「優しいお母さん」というのじゃなくて
もっと具体的なイメージで。

どんなお母さんになりたいのか。
自分はどんなお母さんを求めていたのか。


例えば

子供の意見をきちんと尊重する
子供の話はきちんと聞く
子供と一緒に遊ぶ


もっともっと色々とあるだろうけど
自分なりの「理想のお母さん像」っていうのを
具体的にイメージしてみてください。


理想とか夢ってより具体的にイメージすると
行動に移しやすくなって、叶えられるって言うでしょ。


それと一緒です。


理想のお母さんのお手本は持ってないかもしれないけど
理想を現実に変えることは出来ます。


だから、毒親に育てられたからって
その娘が毒親になるとは限らないんです。


毒親の問題をきちんと断ち切ったら
あとは自分次第でどうにでもなります。


大丈夫、「いいママ」になれるから。

 

それでは、また♪

関連記事

 

ページ上部へ戻る