欲しいものは手に入れればいい


結婚を取るか?仕事を取るか?
好きなことを取るか?経済的余裕を取るか?

女性だけに限った話ではないけど
こういった選択を迫られて悩んでいるって人
けっこう多いですよね。


だけど、これって本当に
どっちか(どれか)選択しないと
いけないことなんでしょうか?


女性がバリバリ仕事をしたいっていうと
「そういう女性は結婚とか子供を望むべきではない」
という人もいます。


この「バリバリ」っていうのは
生活のためとかっていうんじゃなくて
第一線でバリバリやるってこと。


たしかに、バリバリ仕事するってことは
それだけ責任もあるってことだけど

だからって結婚しちゃいけないって
子供を持つべきではないって
おかしな話だよね。


第一、人生仕事だけじゃないし
結婚だけでもないし
子供だけでもないわけで。


仕事をしている自分もいれば
結婚して幸せな家庭を持っている自分もいて
趣味を楽しむ自分だっているでしょ。


どれか一つだけの人生なんて
ないと思うんだよね。


本当に欲しければ無理矢理選択しないで
全部手に入れればいいし

手に入れる方法を考えれば
いいと思うんだよね。


手に入れてみて、自分のキャパが
オーバーしちゃった時は

そこから調整していけば
いいと思うんです。


無理矢理選択して
片方あきらめたとしても
やっぱりどこかモヤモヤするでしょ。


だったら全部手に入れればいいじゃん。


手に入れてみて
欲張りすぎたかなと思ったら
手放せばいいんだし。


これ以上、持ちきれないっていうんなら
いらないものを思いきって手放して
本当に欲しいものを手にすればいいだけのこと。


ずっと手元に置いておきたいものもあれば
時間とともに必要なくなるものもある。


持ちっぱなしじゃなく
量を調整したり、思いきって手放しながら

欲しいものをきちんと手に入れる
バランスを取っていけばいいと思うんだよね。


自分の人生だもん。
欲しいものはガッツリ手に入れればいい。

 

それでは、また♪

関連記事

 

ページ上部へ戻る