それって本当に目的だった?


例えば親の誕生日とか
何かのお祝いで
何かして喜んでもらいたいって

予約の取れにくいレストランとかを
何か月も前から押さえてみた。


かなり高かったし
予約を入れるのもすごく大変だったけど
たまには親のために・・・

って頑張ってみた。

 

なのに、直前に親に伝えたら
わざわざ出かけるのは面倒くさい
家でゆっくりしたいって言い出して。


「誰のために苦労したと思ってるのよ!!!」


って怒鳴りたくなる時ってありますよね?

 

だけど、元々は親の喜ぶ顔が見たかったんだよね?
喜んでくれると思ってレストラン予約したんですよね?


てことは・・・


親の喜ぶ顔が見たい
っていうのが目的で


レストランはあくまでも
その手段ってことですよね。


だったら、親がレストランは面倒って言うなら
別に違う手段だっていいわけで。


家でゆっくりお祝いした方が
喜んでくれるんなら
それでいいじゃん。


いつの間にかレストランに行くことが
目的にすり替わってません?

 

これって自分のことでも同じで
目的と手段がごっちゃになって
すり替わってる人が多いんだよね。


「幸せになりたい」

って思って
あれこれ頑張り始めたのに

がんばることが目的になって
がんばれないと自分を責めたり。


だけど、頑張らなくても
幸せになれるなら

わざわざ頑張る必要もないし

他に幸せになれる方法があるなら
とっととそっちの方法に流れればいいだけ。


目的と手段がすり替わっちゃうと
どんどん目的からかけ離れていっちゃう。

 

もう一回、自分の目的を
確かめ直してみて。

 

それでは、また♪

関連記事

 

ページ上部へ戻る