料理をしない母親は失格ですか?


子育てブログの方にも書いたんですが
最近、食育とか色々と話題になってますよね。


まぁ食事って、生きていく中で
大きなウエートを占めてますし

色々と意識するのも
大切だとは思うんですよ。


だけどね、

「母親なんだから、こうしなさい」
「こうしない母親はダメな母親」
「こういう母親に育てられるとダメな子が育つ」
「問題行動を起こす子の母親はダメ親ばっかり」
「問題行動を起こす子の食生活が悲惨」

みたいなことばっかり言われても。


どうもしっくりしないっていうか
違和感ありまくりっていうか・・・

 

食材や調味料に気をつけて
手間暇かけて愛情たっぷりの
食事を作ってあげるって

それはそれで、めちゃ素敵なことだと思うし
そういうお母さんってすごいなぁって
尊敬もするけど


それが「できない」からって
ダメな母親だとも思わないし
子供が不幸になるとも思わなくって。


そういうこと言うと

「だから無知な人間は・・・」

って言われるんだろうけど。

 

私も、一応食材気にしたり
調味料も色々と気を使ってはいるけど


あくまでも自分が楽しめる範囲。


子供や家族のためっていうより
自分がやりたくてやってるっていうか
ある意味「趣味」みたいなもんで。


家族もそうだけど
自分自身が食べることが好きで


だけど、なかなか外で
「おいしいよねぇ」って
思えるお店に出会うのが難しいから


自分であれこれ作っちゃおうとか
自分の食べたいものを好きなように作っちゃおうとか


本当に自分が「したい」からしてるだけで。


その結果、子供や家族も
喜んでくれるだけで。


でも、面倒で何も作りたくないって時は
インスタントラーメンにしたり
コンビニ弁当にしたりもあるし。


それはそれで
「たまにはこういうのもいいよねぇ」

ってなるし。


本当に忙しくって
何日かまともに食事を作れなくっても

別にそれが原因で家族不和になったり
子供たちが問題起こしたりしないし。

 

手作りの食事を作ること=正義
母親がきちんと食事を作る=常識
添加物たっぷりの食べ物を子供に与える母親=最悪


って人たちにとって

料理が苦手な人
忙しくって料理どころじゃない人

って、常識外れで、親失格って
大騒ぎになるんだけど


それは、その人たちの
「正義」であり「常識」なだけだから


そんなことにイチイチ振り回されて

「私ってダメな母親なんだ」
「私って母親失格なんだ」
「私の子供はかわいそうなんだ」

って悩む必要ないし(笑)


自分達が楽しくって幸せなら
それが自分たちの「正解」だから。


知識や参考として
そういう話を聞くのはいいけど


全部をそのまま受け止めて
自分を否定する必要なないから。

 

それでは、また♪

関連記事

 

ページ上部へ戻る