自信がないのは・・・


「自分に自信が持てなくて・・・」って
相談をいーーっぱい受けるんですけど。


そもそも「自信」って何なんだろうね。


「自信」って大抵が、「できる自信」
ってことなんだろうけど。


てことは、自信がないっていうのは
できる自信がないってことになるのかな?


だけど、できる自信がないっていうのは
「できないといけない」とか

自分では「できる」と思っているのに
もしうまくいかなかったらみっともないって
思いから来るんじゃないのかな?


ということは・・・

「自信がない」っていうのは
「本当はできるはず」っていう

「自信」があるから
生まれてくるっていうか・・・


なんかとんちみたいになってるけど(笑)


「できなくてもいい」っていうのを
受け入れちゃうと
自信も何も関係ないと思うんだよね。


「できなかったら恥ずかしい」
「できなかったらバカにされる」
「できなかったら笑われる」

「できないことが許されない」

って思ってるから

できると思ってやってみたのに
できなかったら・・・

って怖くなっちゃうわけ。


「こんなこともできない自分が許せない」から

できないってことを認められなくて
動けなくなって「自信」がなくなる。

 

できれば素晴らしいけど
できなくても素晴らしい


できたってできなくたって
自分であることには変わりない。


「そんなこともできないの?」

って言われたら

「そうなのよぉ~~~だからやってくれる?」

って、頼んじゃえばいいし(笑)


自信なんていらないんだよね。


もし、必要だとするなら

「できなくてもいい」って思う自信
じゃないかな。


ダメな人間でも
笑われる人間でもいいじゃん


「できないですけど、私って人間失格ですか?」

って開き直っちゃうと


いつの間にか自信が出てくるよ(笑)

 

それでは、また♪

関連記事

 

ページ上部へ戻る