親も子供と一緒に成長していくんです。

友達とのやりとり


新年度3日目に、突然教室に入ってしまった娘。
その上、部活まで参加してきて・・・

「ママは先に帰ってていいよ」と娘に言われ、
何がどうなってるのか、これからどうなるのかわからないまま
ひとりで先に家に帰ってくることになった私(笑)


しかも職員室に寄ってから、部活に出てくるというので
相談員も職員室まで一緒に行くことになって

結局、そのまま話もできずに相談室を出て
私は途中で「バイバイ」


先に家に帰ってきたのはいいけど
やっぱりどうしてるのか心配で(笑)
ソワソワしながら待っていました。


部活が終るのが5時なので、5時半くらいには
帰ってくるかなぁ~
もしかしたらもう少し早いかなぁって思っていたのに


なかなか帰ってこない。
結局、帰ってきたのは6時近く。


どんな顔して帰ってくるかなぁと
ドキドキしてたんですが

学校に通ってた頃と全然変わらないというか
楽しく過ごしてた時期と同じ表情で。


学校のこと聞いても大丈夫かなぁって
こっちは色々と気にしてたんですが
娘の方から色々と話してくれて。


歓迎会に出た時の話から学活に出た時の話。
先生とのやりとりや、友達とのやりとり。
部活に参加してみての話も。


あいだ、あいだで「ドキドキしたぁ」
「心臓が飛び出るかと思った」
「心臓が破裂しそうだった」

とは言いながらも
次々と学校での出来事を話してました。


そして、娘の話を聞きながら一番感じたのは
娘は友達に恵まれていたんだなってこと。


娘もクラスの子や、他の友達の反応が
一番怖かったみたいなんですが

教室にいる娘を見るなり

「あぁ~~~、ちぃちゃん久しぶり~~」
「びっくりしたぁ、元気だったか?」

って、あとは普通にいっぱい話しかけてくれたり


廊下で会った友達には

「お前、この前外で会った時に逃げただろ。
 嫌われたと思ったんだぜ」

って笑って文句言われたとか(笑)


部活も同じ学年の子も、
先輩も普通に受け入れてくれて
ワイワイ楽しんできたみたいだし。


部活が終って帰ろうと思った時に
1年の時に同じクラスだった子に会って

「ちぃちゃ~~~ん」

って抱きつかれたとか(笑)


友達は他の友達と帰るところだったから
「友達帰っちゃうよ?」って
娘がその子に言うと

「そんなの全然大丈夫だしぃ。
 ちぃちゃんに会いたかったんだもん」

って、雨が降ってきてたのに
外でずっと立ち話をしてたとか。


学校の話をしてくれてたんだけど
よく考えたら、「友達」のことばっかりで(笑)


大人が思ってるより、子供たちは
不登校を特別な目で見てないんだなって
あらためて思った瞬間でした。


それでは、また♪

関連記事

おすすめ

【定番商品】高校受験対策のロングセラー

不登校でも自宅でしっかり学習できます。

アマゾン総合1位獲得
雑誌新聞メディア掲載多数の著者が
高校受験で偏差値60をとるための
勉強法をまとめています。

これなら、学習の遅れを取り戻すだけでなく
高校受験にも対応できます。

うちの息子も、これを使って勉強してました。

スポンサードリンク