「自分中心」に生きた方がみんなが幸せになれる!?


今まで誰かと比べて
「負けないように」
「もっと出来るように」
って頑張ってきた人にとって

「人と比べない」生き方
「自分中心」の生き方って

いまいちピンと来ないかもしれないし
それって「自己中なんじゃないの?」って
思うかもしれないですね。


自分中心って言うと、
自分のことばっかり考えて周りのことなんて
全然気にしないわがままなヤツって
思っちゃいますか?


「自分さえよければ周りなんて関係ないさ」
って人のことを言うと思っちゃいます?

 

実は、全く逆なんですよね。
他の人と比べたり、他の人の顔色ばっかり窺っている人の方が
相手のことを本当に思いやることが出来ない場合が多いんです。


「だって、周りのこと考えるから気になるんでしょ?」
って思いますよね。


子供の頃から、いつも誰かと比べられてたり
自分の意見や気持ちを受け入れてもらうことが出来なかったり
常に否定されたり、拒否されたりして

自分の欲求をみんな飲み込んできたり
やりたいこと、言いたいことをあきらめ続けてきて
自分の気持ちを押し殺してきてるから

人のことを思いやるなんて出来ないし
人に優しくするなんて考えられなくなってます。


自分の欲しいもの、自分の希望は
人と競って勝ち取らないといけなかったり
人から奪い取らないと叶えることが出来なかった。


人のことばかり気にする人
人とばかり比べてしまう人

って無理やりにでも奪い取らないと
自分の思いを叶えることが出来なかったから

自分の主張ばっかり無理にでも押し通そうとしたり
争ってでも我を通そうとしたり
人のことを思いやってる場合じゃないんです。

 

だけど、自分中心に生きてる人って
人と競わなくても、人から奪わなくても

自分の気持ちはきちんと叶う
自分の気持ちや意思を大事にすればいいって
ことをきちんと知っているので


たとえ、誰かに拒否されたり否定されても
自分の思いを信じれば大丈夫だって考えるし
自分を信じて行動します。

もし失敗しても、誰かのせいにするのではなく
自分が決めたこと、自分がやったことと
納得するんです。


だからこそ、周りの人に振り回されることもないし
周りの人と無理な争いをする必要がないので
人を思いやることができるってわけです。

 

だから自分中心に生きた方が
自分も周りもHappyになれるってことです。

関連記事

 

ページ上部へ戻る