否定で戦うのではなく・・・


話をしてても、いつも否定しかしない母親
何を言っても、全部否定してくる母親
何に対しても文句や否定ばっかりしている母親


そういう母親が大嫌いで、
一緒にいても気分が悪くなるだけだから

出来るだけ近づかないようにしている
出来るだけ話さないようにしている


だけど距離を取ろうとすればするほど
母親がしつこく付きまとってくる・・・

 

「今日は疲れちゃって料理したくないよねぇ」
っていうから

「大丈夫?外食にでもする?」
って言ってあげたら

「外食なんて高くてもったいないでしょ」
って返ってきて

「じゃあ、冷蔵庫に残ってるもので適当に済ませれば?」
って提案したら

「それじゃ手抜きだって思われるでしょ」

「そんなこと思わないよ。」

「あんたは思わなくたって、お父さんは思うでしょ」

「だったら、代わりに何か作ってあげようか?」

「あんた大した料理できないじゃん」

「じゃあ、作るしかないじゃん」

「冷たいよね。疲れてるって言ってるのに・・・
 誰のせいで疲れてると思ってるのよ!」


いやいや、冷たくないしw
心配もしてるし、代わりに作ってもいいよとまで
言ってあげてるし。


なのに母親は、自分の言うことを全部否定する。

もう面倒でしかたなくって、最後は知らん顔すれば
冷たいって言い出すしw

 

他にもテレビのニュースを見てれば文句を言い出すし
バラエティを見てても、出演してる芸能人にケチつけるし。

近所の人の服装がどうだとか
近所の家のご主人がどうだとか


文句やケチや揚げ足取るようなことしか言わない。


そのくせ、自分がちょっとでも意見されたりすると
ビックリするくらい逆上したりw

 

これってお母さんに原因があるんだけど
お母さんも気づいてないんですよね。


たぶん、お母さん自身がずっと否定されて
生きてきてしまって

気付かないうちに、そのことが「当たり前」になっちゃって
自分を認めさせるために、相手を否定しないといけないって
思い込んでるっていうかしみついちゃってるんです。

 

しかも、面倒だから適当に相槌打ってると
「聞いてくれない」「認めてくれない」「受け止めてくれない」
っていう感情が湧きあがっちゃうから

しつこく付きまとってくるw


正直、子供としては面倒でしかたないです。


ただ、やっかいなのはお母さんが面倒だって
ことだけじゃないんですよね。


そういうお母さんに育てられてきている子供も
同じような環境だったということです。

自分が嫌だと思っていながら
気付かないうちに、似たような態度を取ってしまっている
場合が多かったりします。

 

これね、戦ってても何の解決もしないんです。
理解してあげるしかないんです。


「そうだよね」って受け止めてあげる。


これだけで、だいぶ変わってきます。


あなたが「そうだね」って受け止めてあげるだけで
お母さんも満足する。

そうすると、あなたへの態度もだんだん変わってくるはずです。


あなたも否定に否定で返すのではなく
「受け止める」ということを意識してみてください。

関連記事

 

ページ上部へ戻る