ビリーフを変えよう


「ビリーフ」という言葉を聞いたことがありますか?
簡単に言うと、「固定観念」とか「思い込み」という意味です。


「自分を変えたい」「もっと幸せになりたい」って言って
がむしゃらに頑張ってるのに、全然変わらない・・・
という人は、この「ビリーフ」が変わってないのが
原因だったりします。

 


私たちって、みんな生まれたときは赤ちゃんですよね。
(当たり前ですけどw)

で、赤ちゃんって自分の気持ちにすごく素直じゃないですか。

欲しいものは欲しいって要求するし
してほしいことも素直に要求するし
欲しくないものは全身で拒否するし(笑)

気に入らないことがあれば、
泣いたり怒ったり大騒ぎして
大人に訴えますよね。

嬉しければ、ニコニコしたり
楽しければ、声出して笑ったり。


赤ちゃんの頃って、本当に「ありのまま」の状態で
自分の思う通りに生きています。


自分が望んでいることと行動が一致してるってわけです。

 

それが成長するにつれて、自分の思いだけじゃなくって
周りを意識するようになりますよね。

例えば、親に怒られないようにしようとか
親を喜ばせる行動を取るようになったり。

親だけじゃなく、友達だったり学校の先生だったり
会社の同僚や上司などにも、気を使います。


それがどんどん積み重なって
周りからいい子だとか、いい人だって言われても

なんかすっきりしないとか
本当の自分とは違うんじゃないかって
感じるようになって
生き辛くなってきて。

 

そこで

「よし自分らしく生きよう」
「ありのままの自分になろう」
「もっと自分らしく幸せになろう」

って思うんだけど
なかなかうまくいかない・・・


これは、「ビリーフ」が変わってないからです。

いくら変わりたい、幸せになりたいと思ってても

「自分はダメな人間だ」
「自分は誰にも必要とされない」
「自分は誰にも愛されない」

など否定的な思い込みを持ち続けていては
良い方に変わりようがありません。


だって、自分で
「どうせダメだし・・・」

ってストッパーかけちゃってるんだから。


周りの人や世間に対してもそう。

「どうせ周りは理解してくれない」
「どうせ世間は変わらない」

ってネガティブなことばっかり考えてたら
ネガティブなことしか見えないし。


そういうことを考えていれば
当然のことながら、未来に対しても

「自分がどんなに頑張っても・・・」
「自分だけが頑張ったところで・・・」

って思いがよぎっちゃったり。


変わりたい、幸せになりたいって言いながら
それと真逆のことばっかり考えて
そのことばっかり見てる。


ネガティブな思い込みを抱えてると

すごくいいことがあっても

「たまたまだし・・・」
「そんなこと、もう起きるわけないし」

って受け止めちゃったり


誰かに親切にされても

「絶対に下心があるんだよ」

って、警戒したり


幸せになるチャンスがあっても

「信じても裏切られるんだよ・・・」

って信じられなかったり。

 

本当に変わりたい、幸せになりたいって思ってるんなら
まず「ビリーフ」を変えてみようよ。

 

「人に迷惑をかけないように」とか
「周りに喜ばれないといけない」とか
「周りとうまくやっていかなければならない」とか


周りのことばっかり考えて
自分を抑え込むことをやめないと。

 

「~~では、いけない」
「~~じゃないと、いけない」
「~~しては、いけない」
「~~しないと、いけない」

全部捨てちゃおう。


赤ちゃんの頃のように

欲しいものは欲しい、いらないものはいらない
好きなことは好き、嫌いなことは嫌い


わがままに生きたって大丈夫。
自分が幸せなら、周りも幸せだから(笑)

関連記事

 

ページ上部へ戻る