結局「自分はどうしたいの?」ってこと


生きていれば、誰にだって
悩みの1つや2つあるし
嫌なことだってある。


それを解決できるか、出来ないかってのは
問題が大きいからとか、小さいからとかって
実はあんまり関係ないんだよね。


いくら周りが

「そのくらい大したことないよ」

って言ってても
本人にはすごく大きな問題で
解決できないって人もいるし


逆に

「それは大変だ!!」

って、周りが騒いでても
本人は意外と冷静で
あっさり解決しちゃうってこともある。

 

悩みを解決するのに一番大切なことって
問題が大きいか小さいかってことじゃなく

「自分はどうしたいのか?」
「自分に必要なことは何か?」
「自分にとって一番大切なことは何か?」

ってこと。


いくら周りが
「こうした方がいいんじゃない?」
「これはやめたほうがいいよ」

って言ったところで

それが本人にしっくりこなければ
問題が完全に解決することはなくって。

 

もちろん、周りは
あなたにとって「良い」と思うことを
真剣に考えて、アドバイスしてくれたり
意見を言ってくれるわけだけど


「いい」と思うことって
人それぞれ違うからね。


こっちの人が「いい」と思うことでも
あっちの人は「よくない」って思うかもしれないし。


そうなると、色んな人の色んな「いい」が
出てきちゃって

どれを選べばいいか、わからなくなっちゃうよね。

 

だからこそ

「自分がどうしたいのか」

を考えていくことが大事になるわけで。


「自分がどうしたいのか?」

ってことは

「自分にとって大切なことは何か?」

ってこと。


それが「自分軸」って言われるやつ。


自分軸がガシっとしてれば
たとえ問題が起こっても

「自分がどうすればいいか」ってことを
考えて動けるようになるから

大抵のことは乗り越えられるはず。


もっと自分にわがままに
自分に素直になってみればいいんだよ。

 

それでは、また♪

関連記事

 

ページ上部へ戻る