「健康のために」ってストレス溜めるより・・・


家族の健康を守るのが主婦や母親の役目とか
家族の健康のために食生活をきちんとしないと
って頑張ってる女性っていっぱいいます。


すごく立派なことだし
素晴らしいことだと思うんですけど。


頑張りすぎちゃってるというか、神経質になりすぎて
かえってストレスが溜まってしまっている人も
増えてるんじゃないかなぁって思うんです。

 

食品の偽造表示とか、外食産業の問題とか
まぁ色々な問題が多いのも原因だと思うけど


最近は、添加物の問題とかも
あちこちで騒がれたりしますからね。


野菜とか肉、魚の産地を気にするだけじゃなくて
調味料や加工品の表示に神経質になったり。


たしかに食べるものって人間にとって
すごく大切なことだし、毎日のことだから
ある程度気にする必要はあると思うんです。


毎日、ファーストフードばっかり
毎日、コンビニ弁当ばっかり

っていうんじゃ、栄養のバランスも偏るだろうし
添加物もいっぱいってなるだろうし。


だけど、何から何まで

「完璧にしないと」

ってなると、今の世の中
かなりしんどいと思うんですよね。


それに何より
「お金がかかる」わけです。


余計なものを買わなくなるんだから
決して高いものではないって、いう人もいるし


自分の体や家族の体のことを考えれば
そのくらいの手間暇を惜しんじゃダメだって
人もいるけど


完璧にやろうと思ったら
お金も時間も手間もかかりまくります。

 

しかも、気になり出すと
買い物をするときもピリピリしちゃうし

外食しようってなっても
あれはダメ、これはダメって
気軽にできなくなるし。


毎日「健康のために」って考えすぎちゃって
縛りつけられちゃうために

自分もそうだけど、家族も
かえってストレスが溜まって
具合が悪くなってきたり
食事が楽しくなくなってきたり。


健康を気を付けることも大切だけど
まずは「自分が楽しいか」が一番だと思います。


外食するときは
体にいいか悪いかってことより

おいしいか、楽しいかってことの方が
よっぽど大事だと思うし

「おいしい」「楽しい」って感じられることの方が
よっぽど体にいいと思うしね。

 

体のためにってあれこれ縛りつけて
ストレス溜まるより


ほどほどに無理ない程度に楽しむことが
健康にはいいと思います。

 

何事も、ほどほどに「適当に」がいいのかも(笑)

 

それでは、また♪

関連記事

 

ページ上部へ戻る