メンタルが弱いのは悪いことじゃない


「メンタル弱いよねぇ」
「メンタル強いよねぇ」

って会話を誰かとしたことある人も
多いと思います。


私ってメンタル弱くって・・・
だから、すぐ傷ついたり、落ち込んだりして。

メンタル強い人が、うらやましくって
どうにかして強くならないかなって
色々と頑張ったりするけど・・・

 

たしかにメンタルが強い人の方が
素晴らしいなって思うかもしれないけど。


メンタルが強いからって
傷つかないわけでもないし、
辛いことがないわけじゃないんだよね。


だけど「自分は強い」って思ってたり
「あなたって強いよね」って言われるから

「私は強いんだから、これくらい大丈夫」

って、頑張っちゃうんだよね。


メンタルの弱い人って
辛いことがあったり、悲しいことがあったり
傷ついたりしたら

そこで落ち込んで

「もうダメェ~~~」
「そんなの辛すぎる~~~」

って、そこで止まるじゃん。


本当はそれってすごく大切なんだよね。

自分で自分の辛いこと、悲しいことが
ちゃんとわかってて

それを排除しようって
心がしっかり信号を出してくれてるんだから。


メンタルが弱いからこそ
自分の中のSOSをきちんと察して
自分を休ませてあげることができるんだもん。

 

でも、メンタルの強い人って

「このくらいどうってことない」

って思って頑張りすぎちゃうから
自分が傷ついてたり、疲れてることに
気づけなくって

心も体もオーバーヒートするまで
突っ走っちゃうわけ。


結局、重症化してから

「あぁ、傷ついてたんだ」
「あぁ、疲れてたんだ」

って気づくから、治すのにも
時間がかかってしまう。

 

メンタルが弱いのは良くないことって
思われがちがけど

メンタルが弱いからこそ
自分をきちんとケアしてあげられるのかもよ。

 

それでは、また♪

関連記事

 

ページ上部へ戻る