親から離れられない


いくら自分の意思で動ける大人になっても
なぜか、あんなに憎んでいる親から離れられない

自分のことをあんなに苦しめてくる
親から離れることができない


自分が今こんなに苦しい思いをしてるのは
間違いなく親のせいなのに
どうしても、親から離れることができない。

 

「そんなに苦しいなら離れればいいじゃん」
「そんなに憎いなら離れればいいじゃん」

って言っても

「でも、仕事もしてないし・・・」
「ひとりで生きるほどお金もないし・・・」
「結局、家にいるしかなくって・・・」

って答えが返ってくることも多いです。


これね、結局いくら親を憎んでるって言っても
親から離れないことを自分で選んでるんだよね。


「え?そんなわけないじゃん
 仕方なく一緒にいるだけだし・・・」

「自分で生活できてれば
 あんな親とっくに捨ててるわ」

って言うんだよね。


そうなんだと思う。

仕事できないし、
経済的に自立できないし
仕方なく親と一緒にいるんだよね。


で、もっと親からアレコレ言われて
イライラしたり、ストレス溜まったり。


それでも、仕方なくって
我慢し続けてるんだよね。

 

でもさぁ、なんでそんなに親のこと
憎んだり、ムカついたりしてるんだろう・・・


「そりゃ、あんな親じゃ仕方ないでしょ」

たしかに「あんな親」だから
腹も立つし、憎んでるんだろうけど


でも、憎んだり腹立つっていうのはさぁ
相手のこと「好き」じゃないと
湧いてこない思いだよね?


なぁんとも思ってない人に対して
腹を立てたりしないでしょ?


何とも思ってない人に対して
イチイチ「嫌い」とかって
感情湧いてこないでしょ?


なぁんとも思ってない人には
無関心なんだからね。


ということは、それだけ嫌ったり
憎んだりするってことは

「好き」だからなんだよ。


だから、無意識だけど
離れたくないって思ってるし

嫌ったまま離れちゃったら
二度と会えなくなるんじゃないかって
怖さもあるんだと思う。


好きすぎて、嫌いになっちゃったり
憎んじゃったりしてるけど
やっぱり、まだ「好き」なんだよね。


だから、一緒にいたいんだよ。


だったら、それでいいじゃん。


悪いことじゃないと思うよ。


なんだかんだ言っても
子供は親のこと大好きなんだもん。


「そんなことない!」

なら、それはそれでいいよ。


無理矢理「好き」って
思う必要もないから。


だけど、無理に親から離れようとしなくても
いいんだと思う。


本当に離れたくなれば
自然と離れられる時が来るから。

 

それでは、また♪

関連記事

 

ページ上部へ戻る