もっと信じていいよ


「もっと自分に合う仕事がしたい」
「もっと自分に合う何かがあるはず」
「もっと自分らしい生き方があるはず」

といいながら、

「じゃあ、どうしたいの?」

というと、答えられないし
なかなか動けなかったり。


「じゃあ、こういうのはどう?」
「こうしてみたら?」
「これ、やってみたら?」

ってアドバイスちっくなことを言うと


「私、そういうの苦手だし・・・」
「それは私には向いてないし・・・」
「それは、あんまり好きじゃないし・・・」
「そういうことをしたいわけじゃないし・・・」

って全否定してくることも。


とか

「もっと、のんびり自分の時間作りたいし」
「もっと、子供との時間を優先させたいし」
「今は、家族最優先でいたいし・・・」
「今の生活壊すわけにいかないし・・・」

って、なんとなく響きのいい言葉を
並べてきたり。


まぁまぁ
やりたくないんなら別にかまわないし
変わるつもりがないなら全然いいんだけどね。

 

だけど、たぶんだけど・・・

変わりたいけど変われない
本当の理由って
もっと違うとこにあるんじゃないかな。


「周りに期待されてたのに、期待に応えられなくてがっかりされた」
「自分が思っているような評価を受けられなくて傷ついた」
「周りに『あなたには無理』と言われて自信が持てない」
「やれると思ってやってみたのに、できなかった」


みたいな「トラウマ」が
変わりたいけど変われない理由じゃない?


ようは

また傷つくのは嫌だ
またバカにされるのは嫌だ
また恥をかくのは嫌だ

みたいな「小さなプライド」を
なんとか守り抜くために

色んな理由を作って
色んな言い訳を探して

逃げまくってるだけじゃない?

 

そんなプライド本当にいる?


そんなプライドのために
自分の本心ごまかして生き続ける?


何より、そんなに自分のことが
信じられないかな?

周りの人のことが
信じられないかな?


もっと自分を信じて、周りを信じて
出来ないことは助けてもらいながら
叶えちゃえばいいのにって思うんだけど。


それに、みんなもっと
「できる」人なんだからさ。


自分が思ってるより
全然すごい人なんだよ。


もっと自分のこと信じてあげようよ。
自分が大切に想ってる人のこと信じてあげようよ。


で、やりたいことどんどんやって
どんどん幸せになればいいさ。

 

それでは、また♪

関連記事

 

ページ上部へ戻る