誰だって「勝ち組」でしょ


「勝ち組」「負け組」って
いまだによく耳にしますよね。


今じゃ、子供だって普通に使ってるっていうか
親や先生に言われたりもしますからね。


いい学校に行けば「勝ち組」、行けなければ「負け組」
いい会社に就職できれば「勝ち組」、ダメだったら「負け組」
結婚できれば「勝ち組」、できなければ「負け組」

ダンナさんがエリートだと「勝ち組」、そうじゃなければ「負け組」
子供が生まれれば「勝ち組」、生まれなければ「負け組」
子供が優秀だと「勝ち組」、そうじゃないと「負け組」


それこそ、生まれてから死ぬまで
「勝ち組」だぁ、「負け組」だぁって
誰かと比べ続けてるみたいな・・・


その「誰か」も、その時の
ライフステージで変わってきて・・・


こういうのがエスカレートして
ちょっと前には

ママカーストだとか
スクールカーストだとかって
言葉まで出てきてたもんね。

 

だけど、その「勝ち組」とか「負け組」とかの
基準というか根拠ってすごく曖昧だし

自分のいる「場所」によっても
全然違ったりするでしょ。


例えば中学の時に
県内1の進学校に合格した子は勝ち組
最下位の学校に入学か決まった子は負け組


だけど、その進学校に行ったら
また違う形で「勝ち組」「負け組」が
存在してて


地元を歩いてれば
「あの子は〇〇高校に行ったのよねぇ」
って勝ち組でいられるけど

高校の中では、めちゃめちゃ
負け組だったりとかね。


どこに行っても、常に誰かと比べたり
比べられたりして

「勝った」「負けた」で
評価されて・・・


しまいには、自分のことじゃなく
ダンナさんのことだったり、子供のことで
勝ち組とか負け組って「ラベル」貼られてね(笑)

 

そんなに他の人に勝たないといけないの?
そんなに他の人に負けちゃいけないの?


そもそもいい学校に行ったら勝ち組なの?
最下位の学校に行ったら負け組なの?


結婚しないといけないの?
子供産まないと負けなの?


いい学校に行きたい人は頑張っていけばいいし
勉強が嫌いって人は違うことをすればいいし。


結婚したい人はすればいいし
独身がいいって人は貫けばいいし。


子供を産みたい人は生めばいいし
子供がいらないなら、それでいいし


子供は欲しかったけど産めなかった・・・
って人だって、負けたとかそんなんじゃなく

生めなかったけど、子供のいない生活を
その分楽しめればいいし。

 

人それぞれ手に入るもの、入らないもの
欲しいもの、いらないもの
必要なもの、必要ないもの

全部違うんだし

誰かと比べてどうこうって話じゃないでしょ。


誰かと比べて
「勝った」「負けた」ってことに
追われて神経すり減らすより


今までの自分と比べて
前に進めたか、少しでも成長したかを
確認した方がよっぽど自分のためだよね。


それに自分が「これでいい」と思ってるんなら
それで十分「勝ち組」だもんね。


自分で「勝ち組」だって思えば
もう「勝ち組」だってことだと思うよ。


みんな「勝ち組」でしょ(笑)

 

それでは、また♪

関連記事

 

ページ上部へ戻る