自分の気持ちに正直になると・・・


連日、私の「カレーが嫌い」ってネタで
記事書いてるんですけど。


もちろん私自身の
「カレーが嫌い」が言えなかったことで
苦しんだことも伝えたかったし


「カレーが嫌い」ってことが
悪いことではないってことも伝えたかったんだけど


それよりも伝えたかったのは
「イヤなこと」を「イヤ」って言うことで
自分自身が幸せになれるし


相手の「イヤ」も
受け入れることができて


相手も幸せになれるよねってことを
一番に伝えたかったわけで。

 

自分が「イヤ」とか「好き」って
いうことを、我慢しちゃうと

相手の「好き」とか「嫌い」も
なかなか受け入れることできないでしょ。


テレビとかでもよく言ってるじゃないですか。
「みんな我慢してるんだから・・・」
って。

 

「今の時代、みんな我慢してるんだし
 ちょっとくらい我慢しないと・・・」とか


「みんな、周りだって思ってるのに
 自分だけ我慢できないって・・・」とか


言われるじゃないですか。

 

だけどね
自分が自分の気持ちに正直に
「好き」とか「嫌い」を
周りに言えるようになると


相手の
「好き」「嫌い」も

「そうなんだあ~~」
って受け止められるようになるんですよね。


自分が「好き」「嫌い」があるのと同じで
相手にも「好き」「嫌い」は
あるよねぇって思えるけど

 

自分がそういう感情を押し殺して
我慢し続けてると


「私だって我慢してるのよ!」
「なんであなたばっかり好き勝手言うの!?」

って、なっちゃうわけで。


結局、周りのために
我慢してるつもりが
全然周りのためになってないという・・・

 

周りのことを気にかけるなら
まず、自分の気持ちに正直に生きた方が
良いってことなんだよね。

 

それでは、また♪

 

関連記事

 

ページ上部へ戻る