ホントはそれほどやりたいわけじゃないんじゃない?


やりたいことがあったけど
お金がなかったり、理由があって
できなかった・・・


色々な方の相談を受けてる時に

「昔、やりたかったことってありましたか?
 それはやれましたか?」

って質問をすることがあるんですけど
最初に書いたような言葉が
返ってくることが多いんです。


で、今はやりたいことできてますか?
って聞くと、やっぱり同じように

「子供がいるので・・・」
「子供にお金がかかるし・・・」
「忙しくて時間がなくって・・・」

って、色々な理由から
できてないんですよね。


「時間に余裕ができたら、やりたいんですけど」
「子供に手がかからなくなったら、やろうかと・・・」
「もうちょっと経済的に余裕ができたら・・・」


みんな、そう言うんですよねーーー


言いたいことはわからないわけではないんです。


昔やりたかったことも
今やりたいと思ってることも

「お金さえあれば」
「時間さえあれば」

やれてたかもしれない。


だけど、ホントは
それほど、やりたいわけじゃ
なかったのかもしれないですよね。


ホントの本気でやりたかったら
できない理由を考える前に
できる方法を考えるでしょ。


お金がなければ
どうやったら資金を作れるか?
お金をかけない方法はないか?


忙しくって時間がないなら
どうしたら時間を作ることができるか?
いつになったら時間を作れるか?


ってことを考えませんか?


お金があったらやりたいけど・・・
時間があったらやりたいけど・・・


だけど、そこまでして
やらなくても、大丈夫って
ことなんだと思うんです。

 

知り合いに、結婚してから
家族を置いて1人で
留学した人がいます。

子供とダンナさんは
1ヶ月のお留守番。


とにかく留学したくって
そのために、お金貯めて

お留守番中の家族への負担を
最小限に抑えるために

子供の休みの期間を利用して
1ヶ月の短期留学を決行しました。


たしかにお子さんが中学生だったし
ダンナさんも自営業で融通が利く
っていうのも大きいかもしれないですが

それでも「母親」であり「主婦」である
その女性が1ヶ月家を空けるって
すごい決断だと思うんです。


それでも彼女は
どうしても留学したかったんです。


「子供が独り立ちしてからでも
 出来たとは思うけど・・・

 体力的なことを考えたり
 記憶力とか行動力を考えたら

 自分の人生の中で
 一番若い『今』やらないと
 って思って・・・」


そうなんですよね。

いつか・・・
お金が出来たら
時間が出来たら

って思ってたら

今度は自分の体の
自由がきかなくなってる
ってこと多いです。


ホントにやりたいなら
できない理由並べないで
今すぐやればいい。


できない理由ばっかり思いついて
やれないでいるのは

それほど「やりたい」ことでもないってこと。


だったら、そのことを
グダグダ考えてるのは
時間がもったいないから

今、やることを
大事にした方がいいよ。

 

それでは、また♪

 

関連記事

 

ページ上部へ戻る