もっと自分のことをいたわってあげる時間を作りましょう


仕事が忙しかったり、子育てや家事が忙しかったりすると
ついつい自分のことって後回しになってしまいがちです。

どんなに疲れていても
「あとちょっとだから」
「もう少し頑張らないと」
「これだけはやらないと」

って、頑張りすぎてませんか?

そのために

手や足がカサカサになってしまっていても
クリームを塗ったりするお手入れもつい忘れてしまう

肩こりがひどいのに、マッサージに行く時間もない

ゆっくりお風呂に入って疲れを取りたいのに
シャワーでパパっと済ませてしまう

いつ塗ったかわからないネイルをそのままにしてしまう

メイクの時間もないから、「ナチュラルメイク」を言い訳に
手抜きメイクだったり、すっぴんに近い状態でいる


たしかに毎日仕事で忙しかったり
家事や子育てで忙しかったりして

「時間が足りない」
「もっと時間が欲しい」

と叫びたくなる状態なのもわかります。

だけど、そんな時ほど、
もっと自分を大事にいたわってあげることが大切です。

好きな香りの入浴剤を入れて
ゆっくりお風呂に入ったり

お風呂上りに、いつもよりゆっくり時間をかけて
ボディクリームなどで全身のお手入れをしてあげたり

丁寧にフェイシャルパックをしてあげたり・・・


その時に大事なのが下着や部屋着。

誰にも見られないからって
1年以上も買い替えてないヨレヨレの下着をつけたり
何年も着続けている色があせたり毛玉ができた
くたびれた部屋着やパジャマを着ていませんか?

仕事に来て行く洋服や小物にお金がかかる。
子供や家族のための買い物が優先で
自分の下着や部屋着なんて買い換えられない。

これもわからないわけじゃないです。

だけど、頑張ってる自分を
そんなに粗末にしてたら、いつまでたっても
幸せになれないですよ。

「私ばっかり頑張って・・・」
「私ばっかり我慢して・・・」

って、家族や周りに対して
不満が爆発してしまうだけです。

別にブランド物や高いものを買う必要はありません。
自分が身につけて心地いいもの、幸せな気分になれるものを
選んであげればいいんです。

疲れをとっていたわってあげる大事な時間に
ヨレヨレの下着や、くたびれた部屋着を
身につけるんじゃ、その瞬間に
げんなりしちゃいますから。


自分が心地いいと感じられる
下着や部屋着、パジャマを身につけて
1日忙しく頑張った自分自身を
ゆっくりといたわってあげてください。

これだけで、また次の日も元気に頑張れます。

 

関連記事

 

ページ上部へ戻る