「自分軸」って何?

よく「自分軸」という言葉を聞きませんか?

自分軸で生きると、うまくいくようになるとかって
よく聞きますが、そもそも
「自分軸」とか「他人軸」ってどういうことかわかりますか?

 

「他人軸」というのは、「他人」が基準に
なっているということです。

自分が人にどう思われているのか?
人に認めてもらうためにどうすればいいのか?
自分のやっていることが他の人にきちんと評価されているか?

など、人の評価や人の目で
自分の価値を決めてしまうことです。


そうすると、いかに他人に評価されるかということが
最重要事項になってしまうために

無理して「いい人」を演じ続けてしまったり
人と比べて常に競ってしまったり・・・


周りの意見とか評価で行動してしまうので
人の意見が変わるたびに行動も変えないといけなくなってしまい
結局いつも人に振り回されてしまうことになります。


しかも自分自身は
「本当はそうは思わないんだけど・・・」とか
「本当はこんな人間じゃないんだけどね・・・」とか
「本当はもっと違うことやりたいんだけど・・・」

みたいに、本心は別にあったりするので
頑張れば頑張るほど、自分の本心とかけ離れてしまい


「こんなに頑張ってるのになんで報われないんだろう」とか
「どうして自分より手を抜いてるあの人が認められるの?」とか
「本当にこのままでいいのか?」
「私の人生ってなんなんだろう・・・」

と感じてしまうことに。


その結果、どんなに頑張っても
自分自身が満たされることなく
常に不満を感じてしまったり
自分の人生に不安を感じてしまうわけです。

 

一方「自分軸」というのは
「自分」が基準になっているので

他人の評価で自分の価値を決めたり
自信をつけるわけではなく

「自分がやりたいこと」
「自分が好きなこと」
「自分が正しいと思うこと」
「自分が心地良いと感じること」

をベースに行動します。


自分の気持ちに忠実に生きているので
毎日楽しいですし、幸せなのはもちろんですが

他人からの評価や周りの目も
気にならなくなります。

もちろん人と無理に競う必要もなくなります。


自分自身に素直に生きているので
無理して「いい人」になろうとも思わないし

本当に大好きな人達に囲まれて
ストレスない人間関係を築けるようになります。

 

ただ、今まで「他人軸」で生きていた人が
いきなり「自分軸」で生きていくと言っても
なかなか難しいとは思います。


自分に自信が持てなくて
周りの評価を支えに生きてきてたり

世間体や世間の常識から
はみ出さないようにって
言われ続けて生きてきたり

「みんなと同じ」ということに
安心して生きてきていた人には

いきなり「自分軸」で生きてみましょう
と言っても難しいですよね。


でも、すぐに変えることはできなくても常に

「自分が幸せと感じる時ってどんな時?」
「本当はどういう生き方をしたいのか?」
「自分が心地いいって感じるのはいつ?」

というようなことを考えてみてください。
そうするうちに自然と「本当の自分」
見えてくるはずです。

 

 

関連記事

 

ページ上部へ戻る