周りが反対したからやめる!?


本当はやりたいって思っているのに
周りに反対されて、あきらめちゃった
ってことありませんか?


例えば、「役者になりたい!!」って思って
演劇の勉強をしようとか、オーディションを受けようとか
どこかの劇団に入ろうとか考えていたのに

周りから
「役者なんて絶対無理。
 生活も出来ないし、
 そんな夢みたいなこと言ってないで
 普通の仕事しろ。」

って言われちゃったり

親から
「あなたを大学まで行かせたのは
 役者にするためじゃない。
 安定した生活が送れるようにと思って
 今までどれだけサポートしたと思ってるの?」

と言われちゃったり。


役者にはなりたい
夢は叶えたい

だけど周りが言うように
役者として成功するなんて
確証はないし
生活だって苦しいし・・・

せっかく、それなりの大学出て
就職も出来て、安定した生活ができるんだから
やっぱり、このままのほうがいいのかも。

役者になれる人なんて
本当に特別な人だけだしね。

やっぱり役者はあきらめて
「普通」に暮らしていくのが
一番幸せなのかもね。


って、周りに反対されたから
あきらめちゃうってこと
多いと思います。


役者になるという大きな夢とまでいかなくても
ちょっとした習い事とかでも

「それはあなたには向かないわよ」
「今さらそんなこと始めるくらいなら、こっちの方が・・・」

ていう具合に、周りの意見で
自分のやりたいことを
やめちゃったってことないですか?


周りの人は、あなたのことを考えて
アドバイスしてくれてるかもしれない。


かもしれない・・・


でも、本当は違うかもしれません。

あなたが自分らしく生きようとすることが
羨ましかったり、妬ましかったり。

世の中の常識よりも自分の気持ちを
大事にしようとしてることに
嫉妬していたり・・・


自分も思うように生きたかった
だけど、あきらめた

だから、あなただけ
夢が叶って幸せな人生を
送れるようになるなんて許せない。


人間って勝手なもので
自分ができないことを
やろうとしてる人のことを
素直に応援できないものです。

自分ができなかったのに
あの人だけ叶えるなんて・・・

って無意識のうちに
足を引っ張ることだってあります。


親にしても、
世間体とか、世の中の常識とか
色々なことを考えてしまいます。

「あんないい大学まで卒業させたのに
 まともに仕事してないなんて
 周りの目が・・・」

みたいに考えたりするものです。


でも、あなたの人生ですからね。
親のものでも、周りの人のものでもありません。


本当にやりたいことなら
誰に何と言われようとやればいいんです。


やって失敗して、自分の意思で
「ここまでやったんだ、すっぱり諦めよう」
ってなったら後悔なんてしないはずです。

それどころかやりたいことを、
とことんやれたことで
失敗しても幸せなはずです。


だけど、周りに反対されて
諦めてやらずにいたら

「みんなに反対されたせいでできなかった」
「もしかしたら夢が叶ったかもしれないのに・・・」

って周りのせいにしながら
後悔し続けてしまう可能性が大きいです。


最後にやらないことを選択したのは
あなた自身なのに
「周りに反対されたから・・・」

って思いだけが
どんどん大きくなってしまいます。


最終的に選択するのは自分なんですから
自分が納得のいく選択をするべきです。


心の底からやりたいことがあるなら
どんなに周りから反対されても
やってみるべきです。

あなたが真剣に取り組んでいれば
周りもきっと認めてくれるようになります。

 

関連記事

 

ページ上部へ戻る