「NO」と答えることは、わがままではありません


あなたは人から何かを頼まれたとき
無理なもの、出来ないことには
きちんと「NO」と言えますか?

それとも「NO」が言えず、頼まれると
無理してでも引き受けてしまっていますか?


「NO」と言えない人って
相手のことを大切に思いやって、優しい心を持った
素敵な人が多いです。

だけど、「優しい人」「素敵な人」って
周りから評価されていることもある程度わかっているために

「もし断ったら『冷たい人間』と思われてしまうかも」
「もし断ったら、嫌われるかもしれない」

というように、周りの評価を気にしすぎてしまい
我慢しすぎてしまっている部分もあります。


嫌われてしまうことへの恐怖心がどんどん大きくなって
相手が理不尽な頼みをしてきても、
あなたに対して横柄な態度だったりと粗末な扱われ方をしても

「嫌われるくらいなら、私が少し我慢すればいい」

って相手のわがままを許してしまいがちです。

そうすると相手はますます「何をしても大丈夫」って思い
どんどんあなたのことを、粗末に扱ってきます。


と同時に、あなた自身も自分のことを
粗末にしていることになりますよね。

相手に嫌われたくないという気持ちばかりが大きくなり
自分の思いを封印してしまっているんですから。

一番大事にしないといけない、自分のことを
あなた自身が粗末に扱ってしまっているわけです。


別にあなた一人が我慢する必要ないですよね?
ほかの人が我慢してないのに、なんであなただけが
我慢しないといけないんですか?

「NO」とはっきり答えている人は
みんな嫌われていますか?


出来ないことを無理して引き受けて
相手の希望に添えない結果になるより
きちんと「NO」と答えたほうが、相手にもいいはずです。


「NO」と答えることは、別にわがままなことでもなく
相手を拒否していることでもありません。

相手は勝手にあなたが「出来る」「誘っても大丈夫」と
思っているだけであって

あなた自身が、それを断るのは
「そうじゃないんだよ」と相手との違いを伝えているに
過ぎないわけです。


ただ、わざわざ波風を立てる必要もないので
断る時の伝え方だけは気を使えばいいと思います。

それでも、相手は自分の都合のいいように
解釈するものなので、気分を害すこともあるかもしれないし
あなたとの距離を置くかもしれません。

それならそれでいいじゃないですか?
自分の都合通りに動いてくれないから距離を置く
という相手と、わざわざ無理して付き合う必要はありません。


あなたが無理せず心地良く過ごせることが
一番大切なことです。

大切な自分を粗末にしてまで、
誰にでもいい顔する必要なんてありません。

あなたの人生ですから、もっと自分に素直に
生きていってください。

関連記事

 

ページ上部へ戻る