不純な動機だっていいじゃん


何か新しいことを始めようとする時
それらしい理由をつけたりしませんか?


「これは自分の仕事に役に立つ」
「もっと素敵な自分になれる」
「人の役に立つ」


と、まぁ何でもいいけど
もっともらしいというか
素晴らしい動機、理由をつけようとしたり。


でもさ、実は何かやりたいって思った時とか
何かやらないとって思った時って
そんな立派な理由なんてないんですよね。

というより、理由すらなかったり(笑)


ただ、なんとなく気になって始めてみたい
ただ、興味があったから始めてみたい
ただ、流行ってるから始めてみたい

出来ないことでバカにされたから出来るようになりたい
出来るようになって、みんなに自慢したい


動機らしい動機がなかったり
実は不純な動機だったり(笑)


だけど、周りから
「どうしてこんなことやりたいの?」
「どうしてこんなこと始めたの?」

って言われたら、
不純な動機じゃバカにされるし
理由なんてないって言ったらバカにされるし・・・


だけど、動機なんて何だっていいわけで。


資格を取るにしたって
「この資格があれば、世の中の役に立つから」

とかって立派なこと言ってても

本当は「この資格持ってると、お金になるんだよね」
ってのが本心だったり。


英語をしゃべれるようになりたいって理由が

「これからはグローバル社会に対応できないと・・・」

とかってごもっともらしい理由を言ってても本当は

「ネットのオンラインゲームで外人にバカにされた。
 だけど、英語できないから言い返せなかった。
 絶対に言い返せるようになってやる」

って、めちゃ不純な動機だったり(笑)


でも、不純だろうが理由がなかろうと、
「やりたい」って思ったら、
それでいいわけでしょ。


「やりたいからやる」

それが一番立派な理由で、一番の動機なんだから。


周りのために理由を探す必要なんてないし
自分が、やりたいって思ったら
それだけで十分だと思うんです。

 

「理由がないとやらせてもらえないし」
「理由が納得できないと認めてもらえないし」


って、いう人がいますが


「やりたいんだから、やらせてくれ」
で、いいでしょ。

誰かに納得してもらう必要も
認めてもらう必要もないでしょ。


不純な動機だろうが
動機すらなくたって

やりたいって思ったら、やっちゃえばいい。


やりたいことやった方が楽しいに決まってるんだから。

関連記事

 

ページ上部へ戻る