若い人が居酒屋に行かない理由


最近、居酒屋がどんどん閉店している
というニュースを見ました。


原因は、不景気だっていうのもそうだけど
若い人たちが、外で飲まなくなった
お酒を飲まない人が増えているからだって
言ってたんです。


インタビューに答えてた若い人たちも

「外で飲むより家で飲む方がいい」
「外で飲むよりコンビニで買って家で飲んだほうが安い」
「お酒なんて無駄だから飲まない」

って。


外で飲むのは高い
家で飲んだほうが安上がり
そもそも、お酒を飲むなんて無駄使い


って感じで

「無駄なことは極力しない」
「無駄なものは極力買わない」

って風潮がすごいですよね。

 

特に若い人ほどその傾向が強くって。

最近の若い人たちは、
外食しないで自炊する人が多いらしいし

車は維持費もバカにならないから
欲しいと思わないって
免許も取らなくなってるみたいだし。

 

不景気、不景気って言われ続けている中で
育ってきてて

親からも無駄使いはしないようにって
刷り込まれてきてて

進学しても、親からの援助を受けないで
頑張ってる学生も増え続けてて

テレビを見てもネットを見ても
将来の不安ばっかり煽られて


将来のために少しでもお金を残さないと・・・

今、自分の欲だけでお金を使ったら
将来大変なことになる

多少窮屈な生活でも
少しでも安定した生活を送らないと・・・

 

お酒が嫌いなわけじゃない
車に興味がないわけでもない


お金に余裕があったら・・・
そこまで将来のことを心配しないで済めば・・・


仲のいい仲間たちとワイワイお酒を飲むのも楽しいかも。

必要ないから買わないじゃなく
欲しいから買うって生活をしてみたい。

車だって、必要じゃないけど
一度くらい持ってみてもいいかも・・・

 

きっと、こういう思いが
どっかにあるんだと思うんですよね。

 

だけど、親や世間がそれを
「悪いこと」とするから
そう思うようにしてる。

 

でも、無駄使いをしないで
我慢を続けたとしても

将来安定した生活が送れるっていう
保証もないわけで。


はっきり言ったら
先のことなんて誰にもわからない。

 

たしかに何でもかんでも
好き勝手出来るほどの経済的余裕は
ないかもしれないけど。


だからといって、どうなるかわからない
将来のことばっかり心配して

やってみたいこと、買ってみたいものを
何もかも我慢するストイックな生活を送ってても
楽しくないでしょ。

 

この先どうなるかわからないこそ
可能な範囲で、自分の生活を楽しまないと。


無駄だと思われてるものにこそ
楽しさや幸せがあったりもするし。

 

たまには外に飲みに行くのも楽しいよ♪

関連記事

 

ページ上部へ戻る