「忙しい」って偉くもなんともないよ


結婚して、子供が生まれて幸せだけど
毎日毎日忙しくって・・・

毎日動き回っても、やることは全然減らないし
自分の時間もちっともない。


女性って、結婚して子供が生まれると
本当に毎日忙しいです。


「だけど、ママ友の中には
 同じように子供もいるのに
 毎日楽しそうだし、趣味も楽しんでるし・・・」

「あのママは仕事も持ってるのに
 自分のためにって習い事もしてるし
 私たちとのランチも喜んで参加してくれる」


同じように忙しいはずなのに
なんで、自分の時間を持ったり
趣味を楽しむ余裕があるんだろう・・・


家事の手を抜いてるようにも見えないし
子育てもちゃんとしてるのに・・・


しかも涼しい顔して
「私、そんなに忙しくないよぉ~~~」
なんて言っちゃってるし。


なんで?なんで?

 

別にそういった女性がスーパーウーマンだとか
そんな理由じゃないです。


時間の使い方がとっても上手なんです。


人間の能力なんて、それほど大きな違いってないんですよ。
そりゃ、たしかに得意なことや苦手なことはあるけど
だからって、何倍も能力に違いがあるわけではない。


「忙しい、忙しい」って言ってる人って
忙しいって思い込んじゃって、自分で自分を追いつめて
焦っちゃって、余計バタバタしてることも多いです。

 

で、「忙しい」って言ってると
なんか自分がすごく頑張ってるように感じて

「私ってこんなに頑張ってて偉い」って
思っちゃいません?


それが忙しくしている一番の原因です。


忙しく頑張ってるから偉い

ヒマな人は頑張ってないから偉くない


こういう図式が自分の中で出来上がってませんか?

 

同じように忙しいはずなのに
自分の時間もしっかり確保できてる人って

「忙しい」っていうのはネガティブな言葉だと思っているので
ほとんど使いません。


それよりも
「まだ30分もある」

「これが出来ちゃえば、自分の時間ができる」

って時間を上手く使いこなしています。

 

そして、何よりも優先順位をしっかり作って

自分にとって何が一番大切か

今するべきことは何か?

今日やらなくてもいいことは何か?

ってことをきちんと整理してます。


時間はみんな同じように与えられてますからね。
だったら、忙しくするか自分らしくするかは自分次第。


忙しいっていうのは別にすごいことでも
偉いことでもないんだから


わざわざ忙しくしないで
もっと自分の時間を作るように
工夫してみてください。

 

関連記事

 

ページ上部へ戻る