病気も障害も特別なことじゃないから


病気を抱えていたり、障害を持っていると
ついつい「自分は・・・」って
色々なことをあきらめてしまいがちに。


まぁ家族や周りも

「あなたには無理だから」
「あなたは無理する必要はないから」
「あなたは何もしなくていいから」

って、それこそ腫れ物に触るように接してくるし。


病気なんだから、あれはやってはいけない
病気なんだから、それは出来ない

障害を持ってるから、あれは無理
障害を持ってるから、出来なくて当たり前


そうやって、最初から
「ダメ」「無理」「できない」「やらなくていい」
って過ごしてきちゃったり

あきらめちゃったり、
そいうもんだって思ってたり。

 

だけど、病気や障害がなくたって
みんな何もかも出来るわけじゃないじゃん。

そんな完璧な人なんていないでしょ。


だからお互いに助け合ってるんだしね。


病気だからって障害があるからって
何にもできないわけじゃないじゃん。

出来ることだって、得意なことだってあるでしょ。

 

出来ないことばかり見てないで
出来ることをやればいいんじゃない?

出来ないことは、周りに助けてもらえばいいだけ。

 

目が見えなくても
スマホ使うって人だっているし

病気で外で働けないけど
在宅ってスタイルで仕事をしてる人だっているし


自分のスタイルを探せばいいんじゃないかな。


今は、それが可能な時代になってるんだから
自分は特別だからって思う必要もないし
あきらめる必要もない。


周りも特別だって思う必要ないと思うし。


出来ないことは手を貸してあげればいいだけだし
出来ることはどんどんやってもらえばいい。

 

特別なんじゃなくて
それはその人の個性だってこと。

 

もっとやりたいことやって
わがままになっていいと思う。

関連記事

 

ページ上部へ戻る