専業主婦に後ろめたさはいらない


女性が結婚したり子供ができたりすると
なかなか友達と会うことができないとか
ひとりで自由に出かけることができないとか
自分の欲しいものを買うことができないとか

自分のやりたいこと、欲しいのもを我慢して
ストレスが溜まるって話をよく聞きます。


特に専業主婦だと、出かけたり買い物をするのも
「ダンナさんのお金」を使わせてもらうみたいな
後ろめたさがあったり


専業主婦なのに家を空けるのは、
専業主婦としていかがなものなのか?
っていう考えが根強いせいだと思うんです。


でも、専業主婦って夫婦や家族の間で
専業主婦になろうって話し合ったわけでしょ。

外で仕事しないから、実際にはお金を生むことはないけど
お金を稼いできてくれる人のためのサポートをしたり
家族のためにそれこそ自分を犠牲にして働いてるわけです。


稼いできてくれてるダンナさんは、専業主婦である
奥さんのおかげで安心して仕事ができるわけで。

子供たちが毎日、何不自由なく過ごせるのも
お母さんがあれこれ世話をしてくれるからだし。


だったら、その「対価」は堂々と
受け取ってもいいんじゃない?


ダンナさんだって仕事が休みの日は
「今日は休みなんだから・・・」って
好き勝手してることあるでしょ。

欲しいものを買ってくることだってあるでしょ。

子どもだって、自分達の好きなことしたり
欲しいものをねだってきたりするわけでしょ。


だったら専業主婦だって
好きなことをしたり、
好きなものを買うことがあっても

何も悪いことじゃないんじゃない?


「買い物はまだいいけど、出かけるのは・・・」

って言葉もよく聞くけど


ダンナさんだって、子供たちだって
家族以外のお付き合いっていうか
人間関係があるでしょ。


主婦だってそれは同じだと思うんです。


家族はもちろん大事だけど
家族以外の友達とか、大切な人がいたって
全然おかしくないし

そういう人との付き合いって
人間として大切なことだと思う。


専業主婦だからって、家族のためだけに
生きていかないといけないってことはないし
お金だって堂々と使っていいし(笑)


「私がいなかったら困るのはあなたたちでしょ?」

くらいの気持ちで大丈夫だと思うよ。

 

それでは、また♪

関連記事

 

ページ上部へ戻る