「ああいう人になりたい」ならなってみればいい


「あの人みたいになりたい」
「あの人みたいな生活を送りたい」

誰かを羨ましがることって
別に悪いことでもなんでもないと思います。


羨ましいとか、ああなりたいって思うってことは
なれる可能性があるから思うんだもん。

全く可能性のないものには
そんな思いすら持たないから。


全く別世界の人を見て

「すごいよねぇ~~~」
「素敵だよねぇ」

って思うことはあるけど
思うのはそこまでなんだよね。

「ああいう風になりたい」
とまでは、思わないわけ。


だから、ああなりたいって思うことは
ああなれる可能性が自分にも十分あるから
思えるんだよね。


でも、「ああなりたい」っていうゴールは
一緒でも、スタートや途中の道のりは
人それぞれ違うってこと。


だって、あの人と自分は育った環境も違うし
今まで過ごしてきた環境も違うし

性格だって、周りの環境だって
何もかも違うわけだから。

 

例えば、北海道に旅行に行くって言っても

東北に住んでる人と、東京に住んでる人と
九州に住んでる人じゃ

行き方も、時間も、かかるお金も
何もかも違ってくるよね。


だけど、みんな方法が違うだけで
北海道に行くことはできるわけ。


同じ東京からだとしても

飛行機で一気に行く人もいれば
新幹線とフェリーで移動する人もいるし
寝台列車で行く人もいるだろうし
車で行く人だっている。

もしかしたら、途中で
寄り道して何日かかけて
ゆっくり行く人もいるかもしれないよね。


ゴールは一緒。


だけど、ゴールまでの道のりは
みんなそれぞれ違って当たり前。


同じように飛行機で行ったとしても
違う会社の飛行機に乗って
違うサービスを受ける。


道のりは一緒でも
その中身は人それぞれ違って当たり前。


だってみんな違うんだもん。


ゴールが一緒でも
ゴールに向かう方法は
人それぞれ色んな方法があって

どれをどう選ぼうが
ゴールに行ければ
みんな正解なんだよね。


一気に行こうが、ゆっくり行こうが
寄り道しようが、迷子になろうが
ゴールにつけばいいわけじゃん。


もしかすると、途中で
「こっち(ゴール)より、あっち(新しい世界)
 のほうが、いいかもしれない」

って思うことだってあるかもしれない。


それはそれで、新しいゴールに
行ってもいいんだよね。


ゴールしてみて
「ここって自分が来たかったとこじゃない」
って思うことだってあるかもしれない。


それはゴールしてみたからこそ
わかることなんだから
決して無駄なことじゃないし

新しいゴールを目指して
歩き始めればいいだけ。

 

ああいうふうになりたい
(あそこに行きたい)
って思ったら


とりあえず、自分の好きな方法で
ゴール目指してみればいいんだよ。

 

それでは、また♪

関連記事

 

ページ上部へ戻る