母が嘘をつく理由


最近、母親のことで
弟とあれこれ動いてたり
話をすることが多いんですが


その中で、次々と
母の「嘘」が出てきています。

 

母がこんな状態になる前は
母は毎日のようにうちに来たり
来れない時は電話をかけてきてたんですが


色々と愚痴や不満を私に
話していました。


職場の不満だったり、実家のことだったり
過去のことだったり・・・


そりゃもう出てくる出てくる(笑)


でも、それも最近始まったわけでもなかったんですよね。
子供の頃から「お父さんには言えないけど・・・」みたいに
色々と「ナイショ話」されてたし。


それだけじゃなく、
ナイショの行動を共にしたことも
いっぱいあったし。


私は母が一人で色々なことを抱えてて
大変だと思ってたから
少しでも母が楽になればって・・・

愚痴も聞いたし、ないしょ話も付き合ったし。


父があんなことしたとか
弟がこんなことしたとか

これを父や弟に言うと怒られるけど
家のために何とかしないといけないから
助けてくれないかとか・・・


でもね、それがほとんど
母の嘘、母の作り話だったことが
ここ最近の弟との話でわかっちゃって。

 

しかも、実家では私はめちゃめちゃ
悪者だったというおまけつき(笑)


私に言ってたことと真逆のことを
弟や父に言ってて
すべて私が悪いことになってたらしい(笑)


父はそんなこと気にする人ではないので
私と会っても全然態度をかけることなく
普通に接してくれてたけど


弟とは本当に仲悪かった(笑)


だって、お互いに
「あいつのせいで・・・」
って思ってるんだもんw


で、それを母から口止めされてたし
知らん顔するしかなかったから
そのことを直接ぶつけることもなくって。


特に多かった嘘が
「お金」の話かなぁ


我が家が倒産したり夜逃げしたっていうのは
このブログでも何度か書いてるけど


それって母が何もかも一人で解決しようとして
家族に何も言わずにあれこれ工作しちゃったからなんだよね。


だけど、その後も
そういったことを隠すために

色々とごまかしてきて
ごまかすために、他の家族のせいにして・・・

 

結局、今じゃどれが嘘か本当か
本人もわかってないんじゃないかなぁ・・・

 

まぁ私にしても弟にしても
その話を知った時に

「なんなんだよ!!!」

って腹が立ったけど


母親は自分が必要な人間だってことで
自分の価値を計るしかなかったみたいだから
自分は悪者になっちゃいけなかったんだろうね。


自分の価値を下げないため
自分が認められる人間でいるため

「自分を守る」ために
嘘に嘘を重ねてきちゃったんだと思う。

 

そんなことしなくたって
母は母なんだけどね・・・


そんな母は、この前、裁縫に使う定規が見つからなかったら
「ゆきちゃんに貸したんだけど返してくれない」
って弟に訴えたらしいです(笑)


裁縫しない私が借りるわけないんだけどw

 

人からの評価で自分の価値が決まると
思い込んでると

歳とってからもその呪縛に苦しめられて
自分を偽り続けないといけなんだよね。


自分の価値は自分で決めればいいだけだって
もっと早く伝えてあげたかったな。


今、私や弟ができるのは
嘘を知らん顔して聞いてあげるくらいだもんね。


それがけっこう腹立つんだけどw


それでも、弟ときちんと話をするようになって
お互いの状況がわかったので
二人で笑い話にしてます。

 

それでは、また♪

 

関連記事

 

ページ上部へ戻る