愛じゃなく「条件」で結婚しただけ・・・


私の両親は、いわゆるお見合い結婚です。
それには母の事情というか条件が
関係してたようで・・・


母は3人兄弟の一番上でした。
下に弟と妹がいます。

そして母が小学校6年の時に
祖父(母の父親)が亡くなり
それ以来母子家庭で育ってきました。


祖母は母のことが嫌いだったらしいです。
祖父が母のことを溺愛してたからw
弟と妹のことはとてもかわいがっていたらしいですが。


でも、その弟と妹は祖母のことを
面倒見るつもりは全くないと
とっとと家を出て、好き勝手に生きはじめました。


母には好きな人がいたり
好きだって言ってくれる人がいたり
したらしいんですが


どの人も長男だったり、
それなりの「家柄」の人だったりと

祖母のことを面倒見てもらえる
相手ではなかった。


そこで、祖母の家の近所に住んでいた
父の親戚を通じて、お見合いをしたらしいです。


父は早くに両親を亡くしていて
親戚の家で育ってましたし
2人兄弟の二男なので何のしがらみもなく


祖母の面倒も見てくれると
言ってくれたそうです。


たったそれだけ、だけど
母にとっては一番大切な条件を
唯一受け入れてくれたのが父だったのです。


だから、好きだとかそんなことは
どうでもよかったんでしょうね。


とにかく長女として
母親を面倒見ないといけない。
それができる環境でないといけない。


祖母は母のことを嫌っていたので
もちろんその相手の父のことも
よく思ってなかったみたいですが


父は、祖父のためにきちんとした
お墓を立ててあげたり

経済的援助も母の思うように
勝手にさせてあげてたし
最後は同居までしました。

 

それでも、母はやっぱり

「好きで結婚したわけじゃないしね・・・」
「結婚しようって話は色々あったけど・・・」

ってことあるたんびに
私に言ってきました。


子供としてはね
決して面白い話じゃないです。


そして、
「おばあちゃんがいなければ・・・」
「あなたたちのことがなければ・・・」

って口癖のように言ってました。


まぁ、あまりにしょっちゅう聞かされてたので
こっちもどうでもよくなってましたがw


自分の人生を自分で決められなかったことに
もやもやしてたんだろうなぁと
今なら、なんとなくわかってあげられるけど


それと同時に、祖母の面倒を見ないといけない
と自分で自分のことを縛りつけたり

祖母の面倒を見るために
父と結婚することにしたのも
母が選択したことなんだけどね。


でも、「祖母のせいで」と思い続けてる母は
自分の意思で選んだこととは
1ミリたりとも思ってないだろうけど。


条件で結婚した相手である父は
母にとって「神」だと思うんだけどねぇ

 

それでは、また♪

 

関連記事

 

ページ上部へ戻る