いつも幸せ


母が入院したのは、
自分らしい人生を送るためだった


今まで無理して我慢して
にっちもさっちもいかなくなって
強制終了させたんだって


それはそれで間違ってないと思う。


入院したおかげで
今まで無理してやってたこと
全部、放棄したんだから(笑)

 

ただ、それまでの母は
幸せじゃなかったのかというと・・・


やっぱり幸せだったんだと思う。

 

まぁね、色んなこと我慢したり
無理して頑張ったりして

辛くてしんどいことばっかり
だったんだと思うけど


それでもね、それを選んだのは
母親自身だし

それが幸せだって思って
頑張ってきてたんだよね。

 

小学6年で父親を亡くし
3人きょうだいの一番上だった母は
祖母が外で働く代わりに

家のことを全部やりながら
祖母の仕事の手伝いもしてた。


それでも、体の弱かった母は
祖母からつらく当たられて

自分はそんな親にはならない
そんな人生は送らせないって


結婚後、必死に頑張って
父と会社を経営して
それなりの生活を手に入れて


私と弟に何不自由ない生活を
させてくれて・・・


それはそれで母は幸せで
満足だったと思う。


そして倒産して夜逃げをして
何もかも失っても

案外みんなたくましく生きて
お金がなくても幸せになれるって知って


孫に「ばあちゃん♪」って言われる
生活も幸せだったんだと思う。

 

ただ、幸せだったけど
その幸せはいっぱい無理して
いっぱい我慢して頑張って

手に入れてたんだよね。

 

でも、そんなことしなくっても
幸せになれる方法を
今回選んだだけなんだと思う。

 

頑張らなくても幸せな方法を
選んだだけなんだと思う。

 

だから、今までの母が
かわいそうだとか不幸だったとは思わない。


あれはあれで、
母が幸せになるために
選んできた道だと思うし

実際に幸せだったと思うから。

 

結局ね、今までのことが
間違いだったとかってことじゃなく


より自分らしく生きることを
選んだんだってことだと思う。


そこまでたどり着くのに
ここまでの年月が必要だったんだと思うし


今まで選んできたことも意味があって
ちゃんと幸せだったんだと思う。

 

みんな、いつでも
幸せなんだよね。

 

それでは、また♪

 

関連記事

 

ページ上部へ戻る