「本当」の母親


先週、母が外泊をした結果
今週の土曜日、19日に退院することが
決定しました。


その後も通院させたり
デイサービスに行かせたり

色々とバタバタ振り回されるんだろうけど
入院前に比べたら、精神的にずっと楽だろうなぁ

 

今回母が入院した理由をずっと考えてて
時々このブログにも書いてたけど


結局のところ

「自分らしく生きるため」

だったんだと思う。


来年には70歳になる母だけど
今さらか?って感じだったけど


やっぱりいくつになっても

「自分らしく生きる」

ってそれだけ大事なんだろうなって。


今だからわかるっていうか
今さら気づいたっていうか・・・


私の母は


家事が嫌いだった(笑)
料理が嫌いだった(笑)
たぶん仕事も嫌いだった(笑)


母の好きなことって

何にもしないで1日中テレビ見たり
お昼寝したり、お茶飲みながらお菓子食べてること(笑)


食べることにすごく貪欲だと思ってたけど
実は全然そんなことなくって

食べること自体そんなに興味なかった(笑)

食べることは生きるためって
くらいにしか思ってない人だった(笑)

 

だけど、そういった嫌いなことを
ずっとやらないといけないって思い込んで
ひとりで抱えて、

抱えきれなくなっても
誰にも助けを求めようとしないで

できないくせにできるフリして

それでできなくって
周りから怒られて。


好きなことも、それを「好き」っていうと
周りにバカにされたり、責められると思って
好きだって態度にも出さず

コソコソと楽しんでたり
色んな「言い訳」を作ってそれをやってたり。


みんなが好きな「食べること」に
興味がないっていうのはおかしなことって
思ってたみたいで

いかにおいしいものを知ってるかとか
いかに体にいい料理を作ってるかとか

めちゃめちゃアピールしまくって。

 

で、全てが「ハリボテ」だったもんだから
みんなにばれてきちゃって・・・


にっちもさっちもいかなくなって
強制終了したんだろうね。

 

入院中もお見舞いに行くと
色々と不平不満言ってたけど

それでもかなり自分勝手にワガママし放題で
かなり楽しんでたみたいだし。


で、外泊の時は
母の好きそうなドラマとかを
弟が録り溜めてあげてたんだけど


たった1泊の外泊の間に
なんと6時間半も録画したやつ見たらしいし(笑)

その間、ずっとお茶飲んでミカン食べて(笑)


母が入院中に実家は大掃除というか
かなりの断捨離をしたんだけど

全然無関心というか
弟や父が家の中をあれこれやってても
全然気にしなかったらしく。


弟が作ったご飯も
「すごいね~~~」
って食べまくってたらしいし(笑)


「病気」を理由に、やりたくなかったこと
我慢し続けてきたことを、やめることができた母。


あの人には「病気」って理由でも作らなかったら

ずっと我慢して、
ずっと頑張って、
ずっとしんどくって、

それでも自分に嘘つき続けてたんだろうね。


あの時、嫌がる母を無理矢理入院させて
本当に良かったって今だから思う。

 

自分達がしんどくって限界だったから
入院させたんだけど


私たち家族だけじゃなく
母自身にとっても必要だったんだよね。

 

やっぱり、どんなことも
ちゃんと理由があるんだなぁ

 

それでは、また♪

 

関連記事

 

ページ上部へ戻る