親子の関係がうまくいかないのって・・・


母との関係をあれこれ考えると
ある一つのことに気づいて。

 

母との関係だけじゃなく
家族の関係になるのかもしれないけど

家族って時間と共に
形が変わってきますよね。


自分が子供だった頃の
家族、親子の関係っていうか形と

自分自身が家庭を持って
親になった今の親との関係って

決して同じじゃありません。


だけど、なぜか親子って
あの頃のままで止まってること
多くないですか?


いや、一応

「大人になったよねぇ」
「あなたもお母さんなんだよねぇ」

「お母さんも『おばあちゃん』だね」
「お母さんも歳とったよねぇ」

って話をしたり
感じたりしますよ。


なんだけど・・・

なぜか母親の接し方って
小さい子供だった頃の接し方に
戻ってきてるっていうか。


中学高校って成長してった頃は
距離置いたり、接し方も変わってたと思うんだけど


いつの頃からか
また「子供の頃」に戻ってる気がして。


でも、明らかに子供の頃とは
違ってるわけでしょ。


そうすると

「子供の頃は・・・」
「あの頃は・・・」

とか

「あなたってそういう子じゃなかった」

みたいなこと言ってくるんだよね。

 

たしかに親にとって子供は
いくつになっても子供だし

子供にとって親は
ずーーと親なんだけど。


それでも、どっちも「あの頃」とは
変わってきてるんだよね。


いつまでも親の子供であることには
変わりないんだけど

子供の頃のように
親に守ってもらわないと
生きていけない子供じゃないし


自分自身だって、結婚して
子供が生まれて

「親」として生きてたりするし。


そりゃ変わって当たり前だよね。

自分の人生歩いてるんだから。


親だってあの頃の親とは
変わってきてるんだし。


そこが親子や家族の
難しいところなんだろうね。


変わって当たり前なのに
家族の関係ってずっと変わらないものだって
思ってる部分があって。


いつまでも「あの頃」のままだって
幻想を持ってたりして。


「昔は好きだったじゃない」

って、今じゃ好きじゃない食べ物を
たくさん持てきては
食べない子供に文句を言ったり。


「昔はもっときれいにしてたじゃない」

って散らかった我が家を見ては
文句を言ってきたり。


親子であることには変わりないけど
だけど、それぞれ変わってきてるんだよね。


そこを受け入れられないでいるから
親子の関係とか、家族の関係って
うまくいかなくなっちゃうんじゃないかな。


私の母も、昔の「我が家」から
出てこなくなっちゃって。

今を受け入れられないで
入院生活を送ってるわけだけど。

 

たしかに昔も幸せだったかもしれない。
でも、今も今で幸せなんだよっていうのを
お互いに受け入れられると

「ちゃんとした」親子の関係とか
家族の関係を築けるのかもね。

 

それでは、また♪

 

関連記事

 

ページ上部へ戻る