仲のいい夫婦、仲の悪い夫婦


仲のいいご夫婦を見て
「羨ましいなぁ~、うちもああなれればいいのに」
って思ったことないですか?


あんなご主人だったら
私も幸せな夫婦生活送れたはず

なんで我が家は夫婦関係が
うまくいかないんだろう

 

私も夫婦関係では
色々と悩んだ時期もありました。

ていうか、「うまくいってない」と
思ってた時期の方が圧倒的に長いと思います。


友達夫婦を見て、羨ましいと思ったり
友達のダンナさんとうちのダンナさんを比べて
ため息をついてみたり。


それでもね、友達には

「ゆきちゃんのダンナさんっていい人だよねぇ」
「ゆきちゃんのダンナさんって優しいよねぇ」

って言われることもあったり。


「どこがよーーー」
って大声で否定してみたり(笑)

 

でね、考えたんですよ。


たしかに経済的な違いとか
仕事の忙しさとか
家族構成とか

色々と違いはあります。


だけど、そういったことを
横に置いてみると

どの夫婦もそんなに
変わりないんじゃないかなって
思うようになって。


どの夫婦にも1つや2つ
抱えてる問題はあったりするし

性格だって特別いいとか
特別悪いとか
そんなに違いはないのかもしれない。


だけど、なぜか
仲のいい夫婦、仲の悪い夫婦
っていうのがいるわけで・・・


それって、夫婦で
お互いの価値観の違いを
どう受け止めてるか

の違いなんじゃないかなと。


例えば、我が家がうまくいいってなかった時期って
ずっと子供のことで揉めていました。

息子が不登校になった前後が
一番ピークだったと思います。


あの時は本気で
離婚の話を進めてたくらいですし。


でね、何度もぶつかりながらも
話し合いをしていくうちに


「考え方は違っても
 子供を思う気持ちって一緒なのかも・・・」

って思ったんです。


私とは子供に対する接し方も
子育てに対する考え方も
全く違ったけど

決して子供のことを考えてないんじゃなく
ダンナさんはダンナさんなりに
子供にとって「一番」と思うことを考えていた。


ダンナさんも私と同じように
子供のことを大切に思っていた。


そう思えるようになったら
自分とは違う考え方や
自分とは違う価値観にぶつかっても

「あぁ、こういう考え方もあるんだ」

って思えるようになって。


そしたらね、自然とダンナさんの方も
私の考えを聞いてくれるようになってて。

「あぁ、そう思ってたんだぁ」

って黙って聞いてくれたり。


そして、

「まぁあなたの考えはわかった。
 それはそれでいいと思う。
 でも、自分の考えも大事にしたい」

ってお互いがお互いの違いを認めながら
自分の気持ちや価値観を大事にできるようになって。


相手に押し付けないけど
自分の気持ちも大事にする。


価値観が違うことで
新しい発見ができることを
楽しむようになったっていうか。


そして、自分の大事なことを
それぞれが尊重して
踏み込まない時もある。


二人で共有する部分と
それぞれが大事にすればいい部分
のバランスを取るようになって

夫婦関係がよくなってきたかな。


ここまでくるのに
20年近くかかったけど(笑)


でも、どんな夫婦も
似たようなもんだと思うから

お互いを認め合って
自分を大切にすることが
いい夫婦関係を築く秘訣なんじゃないかな。


ということで、今日も
お互い自分の好きなことを
それぞれ楽しんで過ごしてます(笑)

 

それでは、また♪

 

関連記事

 

ページ上部へ戻る