母の退院を拒みました


母の外泊第2弾が決定しました。
今回は2泊3日となります。


主治医から電話が来て
最初は退院しようか?という
話だったんです。


何せ病院では
母の抱えている症状が
ほとんど出てこないので。


そりゃそうですよね。
母が今、抱えている一番の問題は
父に対する被害妄想です。

病院には父はいないんですから
症状なんて出てこないですよねw


ただ、最初に入院して
症状が落ち着いたってことで
退院して家に帰ってきたら

すぐに父に対する妄想で
家出したり、大騒ぎしたので
先生もそこは気にしてるんです。


それでも、病院にいても
どこも悪くないから
何もできないってとこなんでしょうね。


それでも、こちらも
色々と考えを伝えて

まずは2泊3日で父といる時間を
増やすてみることで
様子を見ることにしました。

 

でね、父とのこと以外
(まぁ私や弟とも色々ありますがw)
いたって普通なわけですよ。

もうちょっとこうして欲しいとかって
思うところはあったりしますが

それはお互い様だろうし
お互いに話し合って歩み寄れれば
何とでもなると思うんです。


ただ、今の母にはそれができない。

父に対する被害妄想もそうですが
私たちが「こうしてほしい」「こうしてみない?」
っていう提案をすると

全てが
「私のことを否定した」
になってしまいます。


体も元気
自分のこともちゃんとできる。


普通なら、
家族が面倒見るべき
なのかもしれません。

 

だけど、家族にも家族の生活や
リズムがあります。


全てを母に合わせることは
できません。

「病気なんだから仕方ない」
って、私たちが全てを
犠牲にすることはできないです。

 

まだまだ身内の問題は身内で
解決しないといけないって
考えが大半だと思いますが


それで家族がグチャグチャに
なるくらいなら

他に助けを求めたり
サポートしてもらっていいと思うんです。


今回も主治医と話をして
家族の生活も守るべきだと言われ
あれこれ考えてくれることになりました。


家族の問題なんだから
家族で何とかしないといけない

って我慢したり

家族の面倒も見れないなんて
冷たいことできないって
思いこむ必要はありません。


まずは自分が幸せでいないと。


それが結局は
家族にとっての
幸せにもつながるんですから。

 

それでは、また♪

 

関連記事

 

ページ上部へ戻る