母の病状


昨日は入院している母のところへ。
病院について、ちょっとしたら
携帯に主治医から電話があり・・・


昨日は主治医の診察というか
面談日だったんです。
その結果の話だったんですが・・・


医療保護入院(強制入院)から
任意入院になったらしいです。

任意入院というのは
本人の意思で入院するってことで

本人が自分の状況に納得して
自らの意思で入院をするってことです。


まぁ本人が自分の病状について
納得出来て、入院治療が必要だってわかって
きちんと病気と向き合えるってことで


強制入院よりかなり前進って
ことになるんですけどねぇ


ただ、主治医と色々と話をして
お互いの話をすり合わせてると

とにかく退院するために
ものわかりのいい人、問題ない人を
演じてる部分もいっぱいあるねぇと。

 

父親がご飯を食べるなっていったから
食事をとらなかったとか言ってたやつも

「私が勝手に思い込んでただけでした。
 今考えたらバカバカしいです」


って、言ってたらしいですが・・・


私と二人の時は

「お父さんはノビノビしてるはずだ」
「私が帰ったらお父さんはまた迷惑がる」

とか言いまくってますし。


父親に「やられた」ってことも
いまだに語り続けてるし。

 

それでも薬も効いてるし
みんなが優しい環境で
しかも父親がいないってことで

かなりノビノビしてるっていうか
ストレスもなく明るくはなってます。

 

それでも、根っこにある
「人に認められたい」
っていうのは強くって


「みんなにすごいって言われた」
って話とか


「あの人は・・・」
って噂話ばっかりで。


本人は2週間後に退院する気満々ですが
まだまだ先は長いかな・・・

 

それでは、また♪

 

関連記事

 

ページ上部へ戻る