「ないもの」への不満ばかりじゃ幸せは遠のくだけですよ


幸せと感じられないと、ついつい
「○○がないから幸せになれないんだ」
「○○だからダメなんだ」

と持っていないものへの
不満がわき出てきてしまうものです。


体に障害があったり
病気を抱えていたりして
周りと同じようなことができないと

ついつい
「障害のせいで幸せになれない」
「この病気さえなければ幸せになれたはずなのに」
って考えてしまったり


大きなトラブルやアクシデントが起こってしまうと
「だから幸せになれないんだ」
「なんで、こんな目に遭わないといけないんだ」
と思ってしまうものです。


だけど「ないもの」「足りないもの」や
トラブルやアクシデントばかりに
目が行って不満ばかり言っていても
何も解決しませんし、幸せになることも出来ません。


「ないもの」「足りないもの」に不満を持つのではなく
今「持っている」ものに感謝して

「持っているものを、どうやって活用していくのがいいのか」
ということを考えていくことが大事です。

今自分が持っているものを上手に活かしていくことで
欠点だと思われるもの、マイナスだと思っているものも
あなたの個性に変わっていくことさえあります。


引き寄せの法則ってよく言いますが
マイナスの気持ちはマイナスの出来事ばかりを
引き寄せてしまいます。

だけど、持っているものに対して感謝したり
持っているものをうまく活かそうという
プラスの気持ちになれば、自然と
プラスの出来事が引き寄せられます。


「その人が乗り越えられない試練は与えられない」
と言われますよね。

その試練は、あなたが乗り越えることができるから
起きているんですよ。

幸せになるために必要な試練なんです。

「これは自分がもっと幸せになるための贈り物」

って受け取っておきましょう。

関連記事

 

ページ上部へ戻る