全部「自分」で決めた結果だよ


うまくいかないことがあったり
嫌なことがあったりすると

ついつい

「あの人のせいで・・・」
「こんな時代だからいけないんだ」

って人のせいにしたり、世の中のせいにしたり。

 

そこまで大きな話じゃなくても

例えば、親戚とご飯を食べに行くことになって
友達にお勧めのお店を教えてもらったけど
思ったより大したことなくって
親戚からの反応もイマイチ。

「あの人が、こっちのお店の方がおいしいよっていうから信じたのに
 大したことなくって、おかげで恥かいちゃった」


こういうことって、意外とありますよね。


他にも、子供の勉強で悩んでいて
ママ友によさそうな塾や参考書を教えてもらって試したけど
全然子供の成績が上がらなくって


「あの人がいいって言うから信じたのに。
 全然よくなかったじゃん」


ニットを買いに行ったときに
どっちにしようか悩んでたら、お店の人が

「こちらの方がお似合いですよ」
っていうから、そっちを選んだけど

帰って冷静に考えたら、もう片方の方が
良かったと感じてしまい

「いい人ぶって勧めてきたけど、高かったからだよね。
 自分の売り上げしか考えないなんて最低」

と腹が立った。

 

なんか、どれもこれもありがちじゃありません?

 

だけど、どれもこれも「自分」で決めたんですよね。


たしかに誰かにアドバイスをしてもらったけど
それに従おうと決めたのは自分自身です。


アドバイスをしてくれた人だって
あなたに嫌な思いをさせようと
意地悪しているわけではありません。

あなたのためを思って言ってたり
自分が良いと思ったから、素直に「いいよ」って
教えてあげただけ。


ただ、それが全てあなたに合うかどうか
望む結果が出るかどうかは、また別です。


アドバイスをくれたからと言って
最後の最後は「自分自身」で決めたんです。


自分が「これだ!」って思ったわけです。

 

どんな選択も、最後の最後は自分で決めてるんだよね。

関連記事

 

ページ上部へ戻る